■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
タイトルにrobot出現: N Engl J Med 2010;362:1772-83.
新聞や雑誌の記事、あるいは通常の会話ならともかく、NEJMのタイトルに「ロボット」が出てくるとは意外でした。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Robot-Assisted Therapy for Long-Term Upper-Limb Impairment after Stroke

今回のハテナ起点はこちら。

Effective rehabilitative therapies are needed for patients with long-term deficits after stroke. (N Engl J Med 2010;362:1772-83.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Effective rehabilitative therapies are needed for patients with long-term deficits after stroke. (N Engl J Med 2010;362:1772-83.)

下線部あたりに「きっかけ」が見え隠れしています。

METHODS

Therapy consisted of 36 1-hour sessions over a period of 12 weeks. (N Engl J Med 2010;362:1772-83.)

over a period of 12 weeks 12週にわたって

RESULTS

No other treatment comparisons were significant at 12 weeks. (N Engl J Med 2010;362:1772-83.)

「有意差がなかった」という表現例としてチェック。

CONCLUSIONS

In patients with long-term upper-limb deficits after stroke, robot-assisted therapy did not significantly improve motor function at 12 weeks, as compared with usual care or intensive therapy. (N Engl J Med 2010;362:1772-83.)

否定文なので、"or"になっています。細かいところにも注意。

いかがでしたか?
"robot-assisted therapy"がどんなものなのか気になりますね。動画をNEJMのサイトで観ることができます。
ロボット、というのでもうちょっと違った装置を想像していたのですが...

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 18:07:21 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。