■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

素直に書く: N Engl J Med 2010;362:1761-71.
これまで「ハテナ起点(研究のきっかけ)」表現をいろいろ見てきましたが、別にそのまま素直に書くのも「あり」です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Bisphosphonates and Fractures of the Subtrochanteric or Diaphyseal Femur (N Engl J Med 2010;362:1761-71.)

その「ハテナ表現」はこちら。

A population-based study did not support this association. Such a relationship has not been examined in randomized trials. (N Engl J Med 2010;362:1761-71.)

では、抄録を見ていきましょう。

BACKGROUND

A population-based study did not support this association. Such a relationship has not been examined in randomized trials. (N Engl J Med 2010;362:1761-71.)

さしずめ、いつもの表現だとこうなるでしょうか。
Such a relationship remains unknown.

METHODS

We reviewed fracture records and radiographs (when available) from all hip and femur fractures to identify those below the lesser trochanter and above the distal metaphyseal flare (subtrochanteric and diaphyseal femur fractures) and to assess atypical features. (N Engl J Med 2010;362:1761-71.)

(when available) 利用可能な場合は

こういう付記がさらっとできるといいですね。

RESULTS

Although increases in risk were not significant, confidence intervals were wide. (N Engl J Med 2010;362:1761-71.)

統計的内容に抄録で言及するのは珍しいのですが、これが次のCONCLUSIONSにつながっています。

CONCLUSIONS

There was no significant increase in risk associated with bisphosphonate use, but the study was underpowered for definitive conclusions. (N Engl J Med 2010;362:1761-71.)

この検討の限界を述べています。これを礎に次の研究へステップアップしていく予感がありますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 12:10:07 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad