■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
文法を押さえる: N Engl J Med 2010;362:697-706.
とかく、無味乾燥だとか実用的でないだとか、批判を浴びがちの「英文法」ですが、
英語力を支える屋台骨のひとつであることは確かです。
押さえておけば、英文を読むときに、覚えず知らず、助けとなります。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Timing of Initiation of Antiretroviral Drugs during Tuberculosis Therapy (N Engl J Med 2010;362:6976-706.)

今回の論文のきっかけとなった「ハテナ起点」はこちら。
The optimal timing for the initiation of antiretroviral therapy in relation to tuberculosis therapy remains controversial. (N Engl J Med 2010;362:6976-706.)

では、早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The optimal timing for the initiation of antiretroviral therapy in relation to tuberculosis therapy remains controversial. (N Engl J Med 2010;362:6976-706.)
 「議論の最中である」とか「定見はない」といった意味です。

METHODS

In an open-label, randomized, controlled trial in Durban, South Africa, we assigned 642 patients with both tuberculosis and HIV infection to start antiretroviral therapy either during tuberculosis therapy (in two integrated-therapy groups) or after the completion of such treatment (in one sequential-therapy group). (N Engl J Med 2010;362:6976-706.)
 やや長めの文ですが、"either ... or ..."を押さえてみれば、orの前後で対になっていることがわかります。

RESULTS

This analysis compares data from the sequential-therapy group and the combined integrated-therapy groups up to September 1, 2008, when the data and safety monitoring committee recommended that all patients receive integrated antiretroviral therapy. (N Engl J Med 2010;362:6976-706.)
 "all patients"と"receive"の間のshouldが省略されています。

CONCLUSIONS

The initiation of antiretroviral therapy during tuberculosis therapy significantly improved survival and provides further impetus for the integration of tuberculosis and HIV services. (N Engl J Med 2010;362:6976-706.)

impetus 推進する力、勢い
provides further impetus for さらなる弾みをつける

いかがでしたか。結核もHIV感染症も同時進行で治療すべし、という内容でした。いずれも治療に一刻の猶予も許されない病態であれば時を置かずに開始することが求められるのですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 20:40:16 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。