■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ちょっとした表現に目を向ける: N Engl J Med 2010;362:686-96.
日本語ではわけもない表現であっても、それがうまく英語にのってくるかどうかは、なかなか難しいところです。
NEJM Feb.25日号2本目の論文は閉経後女性の骨粗鬆症に関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Lasofoxifene in Postmenopausal Women with Osteoporosis (N Engl J Med 2010;362:686-96.)

今回はいつものオーソドックスなハテナ表現です。
The effects of lasofoxifene on the risk of fractures, breast cancer, and cardiovascular disease are uncertain. (N Engl J Med 2010;362:686-96.)

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The effects of lasofoxifene on the risk of fractures, breast cancer, and cardiovascular disease are uncertain. (N Engl J Med 2010;362:686-96.)
 "effects on"のセットです。

METHODS

In this randomized trial, we assigned 8556 women who were between the ages of 59 and 80 years and had a bone mineral density T score of –2.5 or less at the femoral neck or spine to receive once-daily lasofoxifene (at a dose of either 0.25 mg or 0.5 mg) or placebo for 5 years. (N Engl J Med 2010;362:686-96.)

–2.5 or less -2.5以下の
 自分で書くとなると「あれっ、どうだっけ」となりそうな表現です。チェック。

RESULTS

Both the lower and higher doses, as compared with placebo, were associated with an increase in venous thromboembolic events (3.8 and 2.9 cases vs. 1.4 cases per 1000 person-years; hazard ratios, 2.67 [95% CI, 1.55 to 4.58] and 2.06 [95% CI, 1.17 to 3.60], respectively). (N Engl J Med 2010;362:686-96.)

Both the lower and higher doses 低用量も高用量もどちらも

ここで比較級を使ってそれぞれの用量を表しています。

CONCLUSIONS

In postmenopausal women with osteoporosis, lasofoxifene at a dose of 0.5 mg per day was associated with reduced risks of nonvertebral and vertebral fractures, ER-positive breast cancer, coronary heart disease, and stroke but an increased risk of venous thromboembolic events. (N Engl J Med 2010;362:686-96.)
 2つは対になっています。

付記として、

Dr. Delmas is deceased. (N Engl J Med 2010;362:686-96.)

共著者の1名はお亡くなりになっています。滅多に使うことはないと思いますが、フォーマルな表現として記憶しておきます。

いかがでしたか。ストックしておくとどこかで使えそうな表現がいろいろありました。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 20:02:05 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。