■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「意識」とはなんだろう: N Engl J Med 2010;362:579-89.
いささか哲学的なタイトルになり恐縮です。The New England Journal of Medicine Feb.18号最初の論文は、臨床的に意識障害と判定された患者について「脳活動」を検討した内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Willful Modulation of Brain Activity in Disorders of Consciousness (N Engl J Med 2010;362:579-89.)

今回の論文のきっかけとなった「ハテナ起点」はこのあたり。
The rate of misdiagnosis is approximately 40%, and new methods are required to complement bedside testing, particularly if the patient's capacity to show behavioral signs of awareness is diminished. (N Engl J Med 2010;362:579-89.)

では、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The differential diagnosis of disorders of consciousness is challenging. (N Engl J Med 2010;362:579-89.)

challenging 困難な
「やりがいはあるけれど難しい」というイメージです。ロングマン現代英英辞典4訂増補版には次のように説明されています。
challenging adj difficult in an interesting or enjoyable way

METHODS

At two major referral centers in Cambridge, United Kingdom, and Liege, Belgium, we performed a study involving 54 patients with disorders of consciousness. (N Engl J Med 2010;362:579-89.)

performed a study 検討を行った
 「検討した」のバリエーションとして使えますね。

RESULTS

Of the 54 patients enrolled in the study, 5 were able to willfully modulate their brain activity. In three of these patients, (N Engl J Med 2010;362:579-89.)
 正確に「~ができる」と表現したいときには、be able to を使います。

CONCLUSIONS

This technique may be useful in establishing basic communication with patients who appear to be unresponsive. (N Engl J Med 2010;362:579-89.)
 mayなので、可能性は半々というところでしょうか。

いかがでしたか。臨床的に「意識がない」と判定された患者でも、ごく一部には画像的に脳活動を認めた、という内容でした。画像的に脳活動がある、ということがすなわち「意識がある」と言ってよいのでしょうか。患者は「意識はあるけれど表現ができない」だけなのでしょうか。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:34:10 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。