■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
October 9, 2008 vol.359 No14 (1577-89)
NEJM10月9日号掲載の4つめの原著論文は糖尿病のコントロールについてです。
3つめの論文と同じauthorです。
今日の注目表現はこれ。

all patients in years 6 to 10 were assessed through questionnaires.

では早速、タイトルから。

10-Year Follow-up of Intensive Glucose Control in Type 2 Diabetes

10-Year Follow-up 10年の経過観察
 「あれ」と思った方、いらっしゃいますか。そうそう、昨日の論文は"Long-Term Follow-Up"になってたんですよね。同じスタディから2つの論文を書いてるので、さすがにタイトルはちょっと変えたんですね。

本文へ進みます。

Background During the United Kingdom Prospective Diabetes Study (UKPDS), patients with type 2 diabetes mellitus who received intensive glucose therapy had a lower risk of microvascular complications than did those receiving conventional dietary therapy. We conducted post-trial monitoring to determine whether this improved glucose control persisted and whether such therapy had a long-term effect on macrovascular outcomes.

had a lower risk よりリスクが低かった
 a riskと単数形です。
persisted 持続する
 前の論文では何を使ってましたか?be sustainedを使っていましたね。

Methods Of 5102 patients with newly diagnosed type 2 diabetes, 4209 were randomly assigned to receive either conventional therapy (dietary restriction) or intensive therapy (either sulfonylurea or insulin or, in overweight patients, metformin) for glucose control. In post-trial monitoring, 3277 patients were asked to attend annual UKPDS clinics for 5 years, but no attempts were made to maintain their previously assigned therapies. Annual questionnaires were used to follow patients who were unable to attend the clinics, and all patients in years 6 to 10 were assessed through questionnaires. We examined seven prespecified aggregate clinical outcomes from the UKPDS on an intention-to-treat basis, according to previous randomization categories.

Of 5102 patients 5102名の
 こういう書き出しが最近の論文では多いようですね。
for glucose control 血糖コントロール目的
attend the clinics 医療機関を受診する
were assessed through ~を通じて評価した
 throughの使い方に注目。

Results Between-group differences in glycated hemoglobin levels were lost after the first year. In the sulfonylurea–insulin group, relative reductions in risk persisted at 10 years for any diabetes-related end point (9%, P=0.04) and microvascular disease (24%, P=0.001), and risk reductions for myocardial infarction (15%, P=0.01) and death from any cause (13%, P=0.007) emerged over time, as more events occurred. In the metformin group, significant risk reductions persisted for any diabetes-related end point (21%, P=0.01), myocardial infarction (33%, P=0.005), and death from any cause (27%, P=0.002).

persisted at 10 years 10年目の時点で持続していた
any  いかなる、すべての
 いかにも英語的な表現ですね。
emerged over time 時間の経過につれて明らかになった

Conclusions Despite an early loss of glycemic differences, a continued reduction in microvascular risk and emergent risk reductions for myocardial infarction and death from any cause were observed during 10 years of post-trial follow-up. A continued benefit after metformin therapy was evident among overweight patients.

Despite ~にもかかわらず
was evident among ~では明らかであった

こちらは血圧と違って、最初の5年が予後に効いた、という結果でした。
それにしても「1粒で2度おいしい」実験計画だったんですね。NEJMに一度に2つも自分の論文が載るなんて、すごいですねえ。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。応援どうもありがとうございます。是非、1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:臨床 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 08:21:36 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。