■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

versusの略し方: N Engl J Med 2009;361:2241-51.
英語の略語は元がラテン語だったりフランス語だったりで、なかなか難しいときがあります。
今回出てくるversusは、日本語にも入っていて、新聞のテレビ欄で見かけない日はないくらいです。
これを略語にするとどうなるか、テレビ欄の書き方でいいのでしょうか?
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。
Advanced Heart Failure Treated with Continuous-Flow Left Ventricular Assist Device (N Engl J Med 2009;361:2241-51.)

今回のハテナ起点はこのあたりに潜んでいるかも。
New continuous-flow devices are smaller and may be more durable than the pulsatile-flow devices. (N Engl J Med 2009;361:2241-51.)

では、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Patients with advanced heart failure have improved survival rates and quality of life when treated with implanted pulsatile-flow left ventricular assist devices as compared with medical therapy. (N Engl J Med 2009;361:2241-51.)
 この内容で、Patientsが主語になるのはとても珍しい書き方だと思います。一般的には、「デバイスの進歩により生存率とQOLが向上した」と書くことが多いのでは。

METHODS

In this randomized trial, we enrolled patients with advanced heart failure who were ineligible for transplantation, in a 2:1 ratio, to undergo implantation of a continuous-flow device (134 patients) or the currently approved pulsatile-flow device (66 patients). (N Engl J Med 2009;361:2241-51.)

in a 2:1 ratio 2:1の割合で
 aに注意。2群の振り分けが1:1でない理由が気になりますね。本文も読みましたが、どうもその点には言及されてないようです。著者の裁量範囲という決め方でしょうか。

RESULTS

The primary composite end point was achieved in more patients with continuous-flow devices than with pulsatile-flow devices (62 of 134 [46%] vs. 7 of 66 [11%]; P<0.001; hazard ratio, 0.38; 95% confidence interval, 0.27 to 0.54; P<0.001), ... (N Engl J Med 2009;361:2241-51.)
 この文もなかなかスマート。一次エンドポイントの結果について有意差も含めて1文で表現しています。

vs. versus
 ピリオドの位置に注意。NEJMではこの書き方を採用しているようです。ピリオドなしのvsも可能です。

CONCLUSIONS

Treatment with a continuous-flow left ventricular assist device in patients with advanced heart failure significantly improved the probability of survival free from stroke and device failure at 2 years as compared with a pulsatile device. (N Engl J Med 2009;361:2241-51.)
 こちらはBACKGROUNDの文とは異なり、Treatmentが主語になっています。improveという動詞の懐の深さでしょうか。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。何かお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 05:52:46 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad