■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

前向きな表現を見つける: N Engl J Med 2009;361:2143-52.
客観的に理路整然と書かれる理系論文ですが、書き手も人の子、ふとした表現に心情をくみとることができます。今回の抄録には、そんな「前向き表現」があります。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。
Rituximab, B-Lymphocyte Depletion, and Preservation of Beta-Cell Function (N Engl J Med 2009;361:2143-52.)

今回も明らかな「ハテナ起点」は見つかりませんが、このあたりにあるかな?
The immunopathogenesis of type 1 diabetes mellitus is associated with T-lymphocyte autoimmunity. However, there is growing evidence that B lymphocytes play a role in many T-lymphocyte–mediated diseases. (N Engl J Med 2009;361:2143-52.)

では、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

However, there is growing evidence that B lymphocytes play a role in many T-lymphocyte–mediated diseases. (N Engl J Med 2009;361:2143-52.)

there is growing evidence that ~というエビデンスが増えてきている。
 こんなところに、growingを使うのがおもしろいです。視覚に訴える感じですね。

METHODS

The primary outcome, assessed 1 year after the first infusion, was the geometric mean area under the curve (AUC) for the serum C-peptide level during the first 2 hours of a mixed-meal tolerance test. (N Engl J Med 2009;361:2143-52.)
 この論文が主として見ているのはここ。

RESULTS

At 1 year, the mean AUC for the level of C peptide was significantly higher in the rituximab group than in the placebo group. (N Engl J Med 2009;361:2143-52.)
 そして、結果はここ。珍しく、抄録に数値を入れていませんね。本文を思わず確認したくなります。

CONCLUSIONS

A four-dose course of rituximab partially preserved beta-cell function over a period of 1 year in patients with type 1 diabetes. (N Engl J Med 2009;361:2143-52.)
 
A four-dose course 4回投与
 1日目、8日目、15日目、22日目の4回投与したことを指します。知っておくとどこかで使えそう。

The finding that B lymphocytes contribute to the pathogenesis of type 1 diabetes may open a new pathway for exploration in the treatment of patients with this condition. (N Engl J Med 2009;361:2143-52.)

may open a new pathway for exploration 研究に新しい道を開く可能性がある
 目の前にぱーっと一筋の道が、ってイメージですね。フェーズ2なので、次が楽しみです。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。お役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:26:45 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad