■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

手持ちが少なくても踏みとどまる: 10.1056/NEJMoa0907206.
ゲームでも実生活でも「手持ちのコマが少なくても戦う」シーンはたくさんあります。
こと論文でも同じ。語彙が少なくても、主張したいことさえぶれなければ、しっかり書き上げることはできます。

今週号の実誌が手元にまだ届いていないので、ウェブ上の抄録から取り上げます。
Online Firstですが、下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Inflammatory Bowel Disease and Mutations Affecting the Interleukin-10 Receptor (10.1056/NEJMoa0907206)


今回のハテナ起点はこのあたり。
The molecular cause of inflammatory bowel disease is largely unknown. (10.1056/NEJMoa0907206)

では抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The molecular cause of inflammatory bowel disease is largely unknown. (10.1056/NEJMoa0907206)
 いつものunknownです。largelyをつけて修飾しています。

METHODS

We performed genetic-linkage analysis and candidate-gene sequencing on samples from two unrelated consanguineous families with children who were affected by early-onset inflammatory bowel disease. (10.1056/NEJMoa0907206)
 このMETHODSでは、performがもう一回、言い換えのcarry outが1回出てきます。同じ単語の繰り返しを避ける傾向にある英語ですが、他に思い付かなければそのまま押し切ることもありなんですね。

RESULTS

Consistent with this observation was the increased secretion of tumor necrosis factor {alpha} and other proinflammatory cytokines from peripheral-blood mononuclear cells from patients who were deficient in IL10R subunit proteins, suggesting that interleukin-10–dependent "negative feedback" regulation is disrupted in these cells. (10.1056/NEJMoa0907206)

Consistent with this observation was この得られた結果に矛盾しないことだが
 was以下の主語が長大なので倒置文になっています。さらに、途中で", suggesting that"も入っていて...頭から読んで意味を取っていくとわかるのですが。

CONCLUSIONS

Allogeneic stem-cell transplantation resulted in disease remission in one patient. (10.1056/NEJMoa0907206)

resulted in ~という結果に終わった

いかがでしたか。Online Firstは実誌に掲載されるときには、訂正が入ったりデータが詳しくなったりします。読み比べるのも一興です。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ここまでお読みくださってありがとうございます。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:08:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad