■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

対語で目を惹く: N Engl J Med 2009;361:1827-1837.
「勝間和代のインディペンデントな生き方実践ガイド」でも、自立した生き方をする「インディ」と依存して生きていく「ウェンディ」を登場させ、この二者の対比で読者を惹きつけていきます。(「ピーターパン」を読んでみるとわかりますが、本当のウェンディは勝間さんがおっしゃるほど依存的な女の子ではありません。たぶん、語尾の「ディ」で韻を踏ませて印象づけるための手法かと思っています。)
論文タイトルでも、何かキャッチフレーズのような2者を持ってくると、読者は読んでみる気になりやすいです。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。
On-Pump versus Off-Pump Coronary-Artery Bypass Surgery (N Engl J Med 2009;361:1827-1837.)


今回のハテナ起点はこのあたりでしょうか?

CABG without cardiopulmonary bypass (off-pump CABG) might reduce the number of complications related to the heart–lung machine. (N Engl J Med 2009;361:1827-1837.)

では抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

CABG without cardiopulmonary bypass (off-pump CABG) might reduce the number of complications related to the heart–lung machine. (N Engl J Med 2009;361:1827-1837.)
 ここのmightに「ハテナ」の芽があります。五分五分よりはもうちょっと確率が低そうかな、という感じでしょうか。

METHODS

We randomly assigned 2203 patients scheduled for urgent or elective CABG to either on-pump or off-pump procedures. (N Engl J Med 2009;361:1827-1837.)
 語呂もよく、うまい具合におさまっていますね。

RESULTS

Follow-up angiograms in 1371 patients who underwent 4093 grafts revealed that the overall rate of graft patency was lower in the off-pump group than in the on-pump group (82.6% vs. 87.8%, P<0.01). (N Engl J Med 2009;361:1827-1837.)
 術後の「フォローアップCT」などと言いますが、和製英語というわけでもなかったのですね。

CONCLUSIONS

At 1 year of follow-up, patients in the off-pump group had worse composite outcomes and poorer graft patency than did patients in the on-pump group. (N Engl J Med 2009;361:1827-1837.)

At 1 year of follow-up 経過観察1年の時点で
 atを使うことに注意。これは使えそう。

いかがでしたか?今週号も一緒に読んでいきましょう。
NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 08:22:34 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad