■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
言い切ってみる:N Engl J Med 2009;361:1736-47.
よく言われていることに、「日本の論文は断言が少ない」というものがあります。例えば「~と思われた」で終わることが多くないですか?それをそのまま英訳しようとすると妙な英文になってしまいます。英語で書くときには、自信を持ってずばっと言い切った方が収まりがいいです。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Three-Year Efficacy of Complex Insulin Regimens in Type 2 Diabetes (N Engl J Med 2009;361:1736-47.)

今回のハテナ起点はこのあたり、かな。

Evidence supporting the addition of specific insulin regimens to oral therapy in patients with type 2 diabetes mellitus is limited. (N Engl J Med 2009;361:1736-47.)

では、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Evidence supporting the addition of specific insulin regimens to oral therapy in patients with type 2 diabetes mellitus is limited. (N Engl J Med 2009;361:1736-47.)
 冒頭から、見事に言い切っています。しかも現在形で。日本的感覚からすると「いいのか?!」と心配になりますが、これでいいのです。(この度胸、見習いたいなあ、と独りごちます。)

METHODS

Sulfonylurea therapy was replaced by a second type of insulin if hyperglycemia became unacceptable during the first year of the study or subsequently if glycated hemoglobin levels were more than 6.5%. (N Engl J Med 2009;361:1736-47.)

subsequently その後

RESULTS

Median rates of hypoglycemia per patient per year were lowest in the basal group (1.7), higher in the biphasic group (3.0), and highest in the prandial group (5.7) (P<0.001 for the overall comparison). (N Engl J Med 2009;361:1736-47.)
 ちょっとおもしろいな、と感じた言い方です。3つのものの比較で、"lower, higher, highest"という並びは、日常でも使えそうです。

CONCLUSIONS

Fewer hypoglycemic episodes and less weight gain occurred in patients adding basal insulin. (N Engl J Med 2009;361:1736-47.)
 否定語を主語にもってくる、いかにも英語らしい言い方ですね。

糖尿病治療も日進月歩、試行錯誤の日々なのですね。NEJMを読んで自分をアップデートしていかなくては、ね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ





テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 18:59:55 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

理科系の作文技術
事実と意見をはっきり区別して、構成も階層を意識して簡潔明瞭に書ききる。論文に必要とされる文章はそんな感じでしょう。 ブログに書く文... 2009-11-03 Tue 14:51:26 | メタノート

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。