■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
mayの基本イメージで表現する: N Engl J Med 2009;361:1662-70.
日本語でも英語でも、ことばはそれぞれ固有のイメージを持っています。漢字などはその最たるものです。書いてあること以外の意味を読み手に伝えることができます。理系文では、そのような配慮は必要ない、という意見もありますが、コミュニケーションの道具としての「論文」ですから、そういうテクニックが使えるにこしたことはありません。

以下のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Cisplatin versus Cisplatin plus Doxorubicin for Standard-Risk Hepatoblastoma (N Engl J Med 2009;361:1662-70.)

今回のハテナ起点はこのあたり、ですが、ちょっと高度な書き方です。

Preoperative cisplatin alone may be as effective as cisplatin plus doxorubicin in standard-risk hepatoblastoma (a tumor involving three or fewer sectors of the liver that is associated with an alpha-fetoprotein level of >100 ng per milliliter). (N Engl J Med 2009;361:1662-70.)

では、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Preoperative cisplatin alone may be as effective as cisplatin plus doxorubicin in standard-risk hepatoblastoma (a tumor involving three or fewer sectors of the liver that is associated with an alpha-fetoprotein level of >100 ng per milliliter). (N Engl J Med 2009;361:1662-70.)

 大西泰斗先生とポール・マクベイ先生共著「ハートで感じる英文法(NHK出版)」によると、
mayは「閉ざされていない」
と言うイメージです。可能性としては、「50%程度(同書)」です。仮説を持ってくるのに、うまい書き方ですね。

METHODS

Children with standard-risk hepatoblastoma who were younger than 16 years of age were eligible for inclusion in the study. (N Engl J Med 2009;361:1662-70.)

were eligible for ~する資格があった
 ~の対象とした、という意味です。日本語からは思い付きにくい表現ですが、抄録ではよく見かけます。

RESULTS

Three-year event-free survival and overall survival were, respectively, 83% (95% CI, 77 to 90) and 95% (95% CI, 91 to 99) in the cisplatin group, and 85% (95% CI, 79 to 92) and 93% (95% CI, 88 to 98) in the cisplatin–doxorubicin group (median follow-up, 46 months). (N Engl J Med 2009;361:1662-70.)
 数字がたくさん並びます。このときの、respectivelyの位置に注意。

CONCLUSIONS

Doxorubicin can be safely omitted from the treatment of standard-risk hepatoblastoma. (N Engl J Med 2009;361:1662-70.)
 結語にはcanを持ってきています。「ハートで感じる英文法」によると、
canは「潜在」のイメージ
です。「何かに潜む性質(同書)」ということですから、この文の言わんとすることがなんとなく感じられてきますね。

「期せずして」かどうかはわかりませんが、少しは含みの多い書きぶりの抄録になっていました。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ




テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:07:37 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。