■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

October 2, 2008 vol.359 No14 (1464-76)
NEJMのe-mail配信を申し込まれている方は、昨夜、次号のONLINE FIRST論文が届いたことと思います。余裕があれば、ちらっと読んでみてはいかがですか。

さあ、今日は10月2日号4つ目の原著論文に取り組みましょう。
タイトルは、

Continuous Glucose Monitoring and Intensive Treatment of Type 1 Diabetes

Intensive 積極的、集中的
 前にも見かけた単語ですね。

では本文へ。

Background The value of continuous glucose monitoring in the management of type 1 diabetes mellitus has not been determined.

been determined 定まっていない、明らかにされていない

Methods In a multicenter clinical trial, we randomly assigned 322 adults and children who were already receiving intensive therapy for type 1 diabetes to a group with continuous glucose monitoring or to a control group performing home monitoring with a blood glucose meter. All the patients were stratified into three groups according to age and had a glycated hemoglobin level of 7.0 to 10.0%. The primary outcome was the change in the glycated hemoglobin level at 26 weeks.

In a multicenter clinical trial 多施設臨床試験において
 もうおなじみですね。
randomly assigned A to B or to C AをBかCに無作為に割り付ける
 これも超頻出。
were stratified into ~に階層化した、層別化した
primary outcome 主要転帰

Results The changes in glycated hemoglobin levels in the two study groups varied markedly according to age group (P=0.003), with a significant difference among patients 25 years of age or older that favored the continuous-monitoring group (mean difference in change, –0.53%; 95% confidence interval [CI], –0.71 to –0.35; P<0.001). The between-group difference was not significant among those who were 15 to 24 years of age (mean difference, 0.08; 95% CI, –0.17 to 0.33; P=0.52) or among those who were 8 to 14 years of age (mean difference, –0.13; 95% CI, –0.38 to 0.11; P=0.29). Secondary glycated hemoglobin outcomes were better in the continuous-monitoring group than in the control group among the oldest and youngest patients but not among those who were 15 to 24 years of age. The use of continuous glucose monitoring averaged 6.0 or more days per week for 83% of patients 25 years of age or older, 30% of those 15 to 24 years of age, and 50% of those 8 to 14 years of age. The rate of severe hypoglycemia was low and did not differ between the two study groups; however, the trial was not powered to detect such a difference.

with a significant difference among ~間では有意差をもって
favored 支持する
between-group difference 群間の差、グループ間の差
 この言い回しはおもしろいですね。通常なら difference between groupsとなるのでしょう。
detect 検出する

Conclusions Continuous glucose monitoring can be associated with improved glycemic control in adults with type 1 diabetes. Further work is needed to identify barriers to effectiveness of continuous monitoring in children and adolescents.

can 可能性がある
 断言できなかったところに、著者の気持ちが表出しているような。
Further work is needed さらなる研究が必要である
 きっとreviewersに相当突っ込まれたのだろう、と推察します.....学会でも鋭い追求を受けたときには「貴重なご指摘ありがとうございました。その点については今後の課題とさせていただきます。」とかなんとか、って言いますからね.....

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。残念ながらランキング下降中です...応援の1クリックをお待ちしています。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:23:16 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad