■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
テーマを冒頭に持ってくる: N Engl J Med 2009;361:1627-38.
プレゼンでも論文でも、言いたいことを一番に持ってくると、聞き手の関心を惹くことができます。今回取り上げる抄録は、まさにその構成です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Intensity of Continuous Renal-Replacement Therapy in Critically Ill Patients (N Engl J Med 2009;361:1627-38.)

今回の「はてな起点」はこちら。

The optimal intensity of continuous renal-replacement therapy remains unclear. (N Engl J Med 2009;361:1627-38.)

では、抄録を読んでいきます。

BACKGROUND

The optimal intensity of continuous renal-replacement therapy remains unclear. (N Engl J Med 2009;361:1627-38.)

remains unclear 不明のままである
 頻出表現です。

METHODS

The primary outcome measure was death within 90 days after randomization. (N Engl J Med 2009;361:1627-38.)
 冠詞がなにもついていないことをチェック。

RESULTS

The two study groups had similar baseline characteristics ... (N Engl J Med 2009;361:1627-38.)

had similar baseline characteristics 
 背景因子は同様であった、ということです。これも自分で使えそうな表現です。

CONCLUSIONS

In critically ill patients with acute kidney injury, treatment with higher-intensity continuous renal-replacement therapy did not reduce mortality at 90 days. (N Engl J Med 2009;361:1627-38.)
 過去形できっぱりと潔く結論を書いていますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。また、元気出して書きますので、応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:36:13 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。