■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
既知を聞き取る:Podcasting September 10, 2009
今日は木曜日。今週号のNEJMが発売される日です。
まずは前号のポッドキャストを聞いておきましょう。

NEJMのポッドキャストはiTunes StoreやNEJMのサイトから入手できます。
全体は20分前後ですが、冒頭のヘッドラインなら1分弱。気軽に挑戦してみましょう。

サイトに掲載されているヘッドラインのスクリプトを使いながら聞き取ります。
スクリプトと異なる部分は赤字で示しておきます。

Welcome to the New England Journal of Medicine audio summary for the week This summary covers the issue of September 10, 2009. I'm Dr. Michael Bierer. This week's issue features Featured are articles on ticagrelor versus clopidogrel in patients with acute coronary syndromes, recurring mutations in AML acute myeloid leukemia, asymptomatic reactivation of JC virus in patients treated with natalizumab, treatment of progressive multifocal leukoencephalopathy associated with natalizumab, PML after natalizumab monotherapy, and understanding abdominal aortic aneurysm; a review article on parenteral nutrition in the critically ill patient; a case report of a man with fatigue, cough, and peripheral-blood monocytosis; and Perspective articles on the Prometheus Payment model, on proposals for payment reform in Massachusetts, and on the reemergence of PML in natalizumab-treated patients.

いかがでしょう。多少なりとも内容を知っていれば聞き取りやすいですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 05:44:23 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。