■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2群の対比でわかりやすく書く: N Engl J Med 2009;361;745-55.
科学研究で2群の比較というのは最もオーソドックスなやり方です。研究計画も立てやすい上、読んでいる側も論理を非常に理解しやすいです。

今回は前立腺癌の治療に関する話題です。下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Denosumab in Men Receiving Androgen-Deprivation Therapy for Prostate Cancer (N Engl J Med 2009;361:745-55.)

この論文の「ハテナ起点」はこのあたり。
Androgen-deprivation therapy is well-established for treating prostate cancer but is associated with bone loss and an increased risk of fracture. (N Engl J Med 2009;361:745-55.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Androgen-deprivation therapy is well-established for treating prostate cancer but is associated with bone loss and an increased risk of fracture. (N Engl J Med 2009;361:745-55.)
文の前半でおおまかなテーマを話し、but以下で問題を提示しています。

METHODS

In this double-blind, multicenter study, we randomly assigned patients to receive denosumab at a dose of 60 mg subcutaneously every 6 months or placebo (734 patients in each group). (N Engl J Med 2009;361:745-55.)
日本語に引きずられて、うっかりandとしないように。

RESULTS

Denosumab therapy was also associated with significant increases in bone mineral density at the total hip, femoral neck, and distal third of the radius at all time points. (N Engl J Med 2009;361:745-55.)

was associated with 統計学的に関連があった

CONCLUSIONS

Denosumab was associated with increased bone mineral density at all sites and a reduction in the incidence of new vertebral fractures among men receiving androgen-deprivation therapy for nonmetastatic prostate cancer. (N Engl J Med 2009;361:745-55.)

at all sites すべての箇所で
 atを使います。注目!

いかがでしたか。非常に読みやすくわかりやすい抄録でしたね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:17:28 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。