■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
基本にもどる: N Engl J Med 2009;361:32-9.
あれこれ考えたり読んだりしていると、表現に懲りたくなってきますが、科学論文は簡明をもってよし、とするところがありますから、直球勝負で十分です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Preoperative Staging of Lung Cancer with Combined PET–CT (N Engl J Med 2009;361:32-9.)

今回のハテナ起点の「元」はこのあたり。
Fast and accurate staging is essential for choosing treatment for non–small-cell lung cancer (NSCLC). (N Engl J Med 2009;361:32-9.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The purpose of this randomized study was to evaluate the clinical effect of combined positron-emission tomography and computed tomography (PET–CT) on preoperative staging of NSCLC. (N Engl J Med 2009;361:32-9.)
 奇をてらったところのない一文ですが、十分に用をなしています。これで十分なんですね。

METHODS

We randomly assigned patients who were referred for preoperative staging of NSCLC to either conventional staging plus PET–CT or conventional staging alone. (N Engl J Med 2009;361:32-9.)

were referred for ~のために照会された

The primary end point was the number of futile thoracotomies, defined as any one of the following ... (N Engl J Med 2009;361:32-9.)

futile 無駄な

RESULTS

The number of justified thoracotomies and survival were similar in the two groups. (N Engl J Med 2009;361:32-9.)
 複数形で受けています。注意しなくては。

CONCLUSIONS

The use of PET–CT for preoperative staging of NSCLC reduced both the total number of thoracotomies and the number of futile thoracotomies but did not affect overall mortality. (N Engl J Med 2009;361:32-9.)
 簡潔に判明した事実を記載していますね。

いかがでしたか。無駄なく締まった抄録でした。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:58:53 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。