■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
話すように書く: N Engl J Med 2009;361:22-31.
言文一致運動というわけではありませんが、和文でも英文でも「話すように書く」と読みやすい場合があります。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Epidemiologic Study of In-Hospital Cardiopulmonary Resuscitation in the Elderly (N Engl J Med 2009;361:22-31.)

今回のハテナ起点はこちら。
It is unknown whether the rate of survival after in-hospital cardiopulmonary resuscitation (CPR) is improving and which characteristics of patients and hospitals predict survival. (N Engl J Med 2009;361:22-31.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

It is unknown whether the rate of survival after in-hospital cardiopulmonary resuscitation (CPR) is improving and which characteristics of patients and hospitals predict survival. (N Engl J Med 2009;361:22-31.)
 "unknown文"でストレートに書いています。背景部分は必要最小限に絞った分量になっています。

METHODS

We examined fee-for-service Medicare data from 1992 through 2005 to identify beneficiaries 65 years of age or older who underwent CPR in U.S. hospitals. (N Engl J Med 2009;361:22-31.)

beneficiaries 受益者
 65 years of age or olderの位置がおもしろいですね。ここに入れるのはなかなか難しいかな。

RESULTS

The survival rate was lower among patients who were men, were older, had more coexisting illnesses, or were admitted from a skilled-nursing facility. (N Engl J Med 2009;361:22-31.)
 このあたり、まさに「しゃべっているのを聞いている」ような印象があります。読み下していくとわかりやすいですね。

CONCLUSIONS

The proportion of in-hospital deaths preceded by CPR increased, whereas the proportion of survivors discharged home after undergoing CPR decreased. (N Engl J Med 2009;361:22-31.)

preceded ~に先立つ
 この部分の意味は「CPRの後、院内で死亡する」となります。

いかがでしたか。ややショッキングな結果でしたが、解析対象となった患者背景にもよるかな、と感想を持ちました。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:17:35 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。