■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
検証を続ける: N Engl J Med 2009;360:2730-41.
経験的にあるいは慣例的に行われている治療であっても、振り返って検証することが大切です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Treating Childhood Acute Lymphoblastic Leukemia without Cranial Irradiation (N Engl J Med 2009;360:2730-41.)

今回のハテナ起点の「元」はこのあたり。
Prophylactic cranial irradiation has been a standard treatment in children with acute lymphoblastic leukemia (ALL) who are at high risk for central nervous system (CNS) relapse. (N Engl J Med 2009;360:2730-41.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Prophylactic cranial irradiation has been a standard treatment in children with acute lymphoblastic leukemia (ALL) who are at high risk for central nervous system (CNS) relapse. (N Engl J Med 2009;360:2730-41.)
 現在完了形で書かれています。「今の今までこうなんだ」という感触でしょうか。

at high risk for ~のハイリスク群である
 表現をチェック!

METHODS

We conducted a clinical trial to test whether prophylactic cranial irradiation could be omitted from treatment in all children with newly diagnosed ALL. (N Engl J Med 2009;360:2730-41.)

be omitted from ~から省略される

RESULTS

CNS leukemia (CNS-3 status) or a traumatic lumbar puncture with blast cells at diagnosis and a high level of minimal residual disease (≥1%) after 6 weeks of remission induction were significantly associated with poorer event-free survival. (N Engl J Med 2009;360:2730-41.)

were significantly associated with poorer event-free survival 
 poorerの使い方がおもしろいです。こんな風にさらっと使ってみたいです。

CONCLUSIONS

With effective risk-adjusted chemotherapy, prophylactic cranial irradiation can be safely omitted from the treatment of childhood ALL. (N Engl J Med 2009;360:2730-41.)
 予防的全脳照射を行わないときの大前提を述べています。

いかがでしたか。ひとつひとつ確かめながら進んでいくことの重要性がよくわかります。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:26:53 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。