■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
常識を確かめる: N Engl J Med 2009;360:2705-18.
「経験知」として行われていることについてもエビデンスを取ってみる、というのが最近の潮流です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Routine Early Angioplasty after Fibrinolysis for Acute Myocardial Infarction

今回の「ハテナ起点」はこちら。
The role and optimal timing of routine PCI after fibrinolysis have not been established. (N Engl J Med 2009;360:2705-18.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Patients with a myocardial infarction with ST-segment elevation who present to hospitals that do not have the capability of performing percutaneous coronary intervention (PCI) often cannot undergo timely primary PCI and therefore receive fibrinolysis. (N Engl J Med 2009;360:2705-18.)
 長い文ですが、映画のワンシーンを見るように読んでいくとわかりやすいですよ。
「患者だ、心筋梗塞でSTが上がっている、病院に着いた、がPCIはできない病院だ、そこではだいたいタイムリーなPCIはやれない、なので血栓溶解療法をやってる。」

METHODS

We randomly assigned 1059 high-risk patients who had a myocardial infarction with ST-segment elevation and who were receiving fibrinolytic therapy at centers that did not have the capability of performing PCI to either standard treatment (including rescue PCI, if required, or delayed angiography) or a strategy of immediate transfer to another hospital and PCI within 6 hours after fibrinolysis. (N Engl J Med 2009;360:2705-18.)
 割付の選択肢をeither ... or ...で示しています。

RESULTS

At 30 days, the primary end point occurred in 11.0% of the patients who were assigned to routine early PCI and in 17.2% of the patients assigned to standard treatment (relative risk with early PCI, 0.64; 95% confidence interval, 0.47 to 0.87; P=0.004). (N Engl J Med 2009;360:2705-18.)

At 30 days 30日の時点で
 書けそうで書けないかもしれません。特にdaysがぱっと出てこないかも。

CONCLUSIONS

Among high-risk patients who had a myocardial infarction with ST-segment elevation and who were treated with fibrinolysis, transfer for PCI within 6 hours after fibrinolysis was associated with significantly fewer ischemic complications than was standard treatment. (N Engl J Med 2009;360:2705-18.)

was associated with (統計学的)相関があった

いかがでしたか。以前にもPCIの時期に関する論文が掲載されていました。これはかなり関心の高い話題なのですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:20:40 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。