■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
October 2, 2008 vol.359 No14 (1442-55)
さあ、NEJM10月2日号2つめの原著論文の抄録を読んでみましょう。
まずはタイトル。

Subgroup Analyses of Maraviroc in Previously Treated R5 HIV-1 Infection

Analyses 解析

あら、昨日読んだ論文と関連がありそうなタイトルですね。それもそのはず、一番目の論文のauthorsと同じ、the MOTIVATE 1 and MOTIVATE 2 Study Teamsに参加している先生方のようです。
では、本文へ参りましょう。

Background We conducted subanalyses of the combined results of the Maraviroc versus Optimized Therapy in Viremic Antiretroviral Treatment-Experienced Patients (MOTIVATE) 1 and MOTIVATE 2 studies to better characterize the efficacy and safety of maraviroc in key subgroups of patients.

to better characterize より特徴づける
 betterがこの位置に入ることに注目。wellの比較級として使われています。
key 主要な
 「鍵」なんですが、ロングマン現代英英辞典では very important or necessaryと解説してあります。

Methods We analyzed pooled data from week 48 from the two studies according to sex, race or ethnic group, clade, CC chemokine receptor 5 (CCR5) delta32 genotype, viral load at the time of screening, the use or nonuse of enfuvirtide in optimized background therapy (OBT), the baseline CD4 cell count, the number of active antiretroviral drugs coadministered, the first use of selected background agents, and tropism at baseline. Changes in viral tropism and the CD4 count at treatment failure were evaluated. Data on aminotransferase levels in patients coinfected with hepatitis B virus (HBV) or hepatitis C virus (HCV) were also analyzed.

week 48 48週の時点
clade クレード、分岐群
 門外漢にはわからない単語ですね~。
treatment failure 治療失敗
coinfected with ~を重複感染した

Results A treatment benefit of maraviroc plus OBT over placebo plus OBT was shown in all subgroups, including patients with a low CD4 cell count at baseline, those with a high viral load at screening, and those who had not received active agents in OBT. Analyses of the virologic response according to the first use of selected background drugs showed the additional benefit of adding a potent new drug to maraviroc at the initiation of maraviroc therapy. More patients in whom maraviroc failed had a virus binding to the CXC chemokine receptor 4 (CXCR4) at failure, but there was no evidence of a decrease in the CD4 cell count at failure in such patients as compared with those in whom placebo failed. Subanalyses involving patients coinfected with HBV or HCV revealed no evidence of excess hepatotoxic effects as compared with baseline.

benefit A over B BよりもAのほうが効果があること
shown 示された
 基礎的な単語ですが、よくお世話になります。Figure 1 showed ... とか、ね。
there was no evidence of ~の所見はなかった、~という証拠はなかった
 これもよく使いますね。

Conclusions Subanalyses of pooled data from week 48 indicate that maraviroc provides a valuable treatment option for a wide spectrum of patients with R5 HIV-1 infection who have been treated previously.
 
indicate 示した
 日本語だと「示された」という、なんだか持って回った受動態で言うことが多いのですが、英語ではこういうとき、受動態だとレッドカードです。必ず、能動態で言い切りましょう。自信がないときは、wouldとかmightとかでぼかしますが、それだと果たして、acceptされるかどうか.....

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。いつも応援ありがとうございます。よろしければ、コメントとか拍手とか、1クリックとか、お願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 09:29:37 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
いつも勉強になる情報ありがとうございます。応援してます。

”shown 示された” と ”there was no evidence of ~の所見はなかった” 使わせてもらいます。

ところで、こんなところでなんなんですが、”限局性の神経麻痺”というのをどう英訳すればよいのか今悩んでいます。神経麻痺はparalysisやneurological deficitsと英訳すれば良いみたいなんですが、”限局性の”というのがどう英訳すればいいか分からないんですよね。アドバイス頂けたらお願いします。
2008-10-04 土 18:36:52 | URL | flowrelax [編集]
限局性の、の訳ですね
flowrelaxさま、コメントありがとうございます。
お役に立てて何よりです。
さて、ご質問の"限局性の”の英訳ですが、私だったら、focalとかlocalizedを使うと思います。参考にしてみてくださいね。
日本語の英訳が見つからないときは、アルクのサイトにウェブ版英辞郎がありますのであたってみてはどうでしょう。流通している辞書より事例が豊富で、なかなか使えますよ。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします。
2008-10-04 土 18:55:42 | URL | Dr.Joy [編集]
ありがとうございました
アルクのウェブ版英辞郎、早速アクセスしてみました。
こんなに医学用語に対応している翻訳サイトは初めて見ました。とても役に立ちそうです。今まではGoogleとかYahooとかGooを使っていたんですが、質が違います。
助かりました。貴重な情報ありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。
2008-10-05 日 00:02:16 | URL | flowrelax [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。