■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Early versus Delayedは続く: N Engl J Med 2009;360:2176-90.
The New England Journal of Medicineの誌面では同じようなテーマ、コンセプトで論文が並ぶことがあります。前回に引き続き、この論文も"Early versus Delayed"で論が進みます。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Early versus Delayed, Provisional Eptifibatide in Acute Coronary Syndromes (N Engl J Med 2009;360:2176-90.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

The optimal timing of the initiation of such therapy is unknown. (N Engl J Med 2009;360:2176-90.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Glycoprotein IIb/IIIa inhibitors are indicated in patients with acute coronary syndromes who are undergoing an invasive procedure. (N Engl J Med 2009;360:2176-90.)

indicated ~に使用される
 どちらかといえば、「示唆する」という意味で、論文では使われることが多いように思います。

The optimal timing of the initiation of such therapy is unknown. (N Engl J Med 2009;360:2176-90.)
 お馴染みの形ですね。

METHODS

We compared a strategy of early, routine administration of eptifibatide with delayed, provisional administration in 9492 patients who had acute coronary syndromes without ST-segment elevation and who were assigned to an invasive strategy. (N Engl J Med 2009;360:2176-90.)

provisional 暫定的な、条件付きの
 routineと対になっています。

The primary efficacy end point was a composite of death, myocardial infarction, recurrent ischemia requiring urgent revascularization, or the occurrence of a thrombotic complication during percutaneous coronary intervention that required bolus therapy opposite to the initial study-group assignment ("thrombotic bailout") at 96 hours. (N Engl J Med 2009;360:2176-90.)

bailout 救済措置、脱出

The key secondary end point was a composite of death or myocardial infarction within the first 30 days. (N Engl J Med 2009;360:2176-90.)

key 重要な
 省略しても意味は通じますが、「ここ、大事だよ」という著者の意識を感じます。

RESULTS

Patients in the early-eptifibatide group had significantly higher rates of bleeding and red-cell transfusion. (N Engl J Med 2009;360:2176-90.)

had significantly higher rates 有意に高率であった
 基本的な「使える表現」としてチェック。

CONCLUSIONS

The early use of eptifibatide was associated with an increased risk of non–life-threatening bleeding and need for transfusion. (N Engl J Med 2009;360:2176-90.)

was associated with (統計的に)相関があった

いかがでしたか。こちらはearly群とdelayed群のend pointに有意な差はなかった、という結果でしたね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:32:41 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。