■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

Brief Reportのサマリー: N Engl J Med 2009;360:1971-80.
今週号のThe New England Journal of MedicineにはBrief Reportが掲載されています。こちらはいつものOriginal Articleとは異なり、AbstractではなくSummaryが冒頭にあります。
では早速、読んでいきましょう。

A mutation in ORAI1, the gene encoding the pore-forming subunit of the Ca2+-release–activated Ca2+ (CRAC) channel, abrogates the store-operated entry of Ca2+ into cells and impairs lymphocyte activation. (N Engl J Med 2009;360:1971-80.)

abrogates 無効にする

We report on three siblings from one kindred with a clinical syndrome of immunodeficiency, hepatosplenomegaly, autoimmune hemolytic anemia, thrombocytopenia, muscular hypotonia, and defective enamel dentition. (N Engl J Med 2009;360:1971-80.)

kindred 一族、一家系

非常に短いサマリーで、事実を記してあるのみですが、この症例が示唆するところは行間に読み取ることができますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:34:44 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad