■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

September 11, 2008 vol.359 No11 (1108-15)
NEJM 9月11日号の2つめの論文、いってみましょう。

Incidental Meniscal Findings on Knee MRI in Middle-Aged and Elderly Persons

整形外科関連の人以外はちょっと腰が引ける題名ですが、ここは英語の勉強と割り切って読みましょう。
incidental 偶発的な
 たまたま見つかった、という意味です。
meniscal 半月板
 「あ~、そういうの、あったな~」って.....
findings on ~という所見の
 所見、という時に、findingsは頻出です。

では抄録へ進みましょう。今日は、パラグラフごとに見ていきましょう。
Background Magnetic resonance imaging (MRI) of the knee is often performed in patients who have knee symptoms of unclear cause. When meniscal tears are found, it is commonly assumed that the symptoms are attributable to them. However, there is a paucity of data regarding the prevalence of meniscal damage in the general population and the association of meniscal tears with knee symptoms and with radiographic evidence of osteoarthritis.

Magnetic resonance imaging (MRI) 核磁気共鳴
 MRIのことですが、略語は初出時にフルスペルをつけるのがルールです。
is often performed しばしば施行される
 検査を実施するという動詞で、performを使っています。
are attributable to ~に起因する
 原因は~だ、というわけです。
a paucity of  少数の
 あまり見かけない語彙ですが。
regarding ~に関する
prevalence 有病率
 こうした専門用語は押さえておきましょう。

Methods We studied persons from Framingham, Massachusetts, who were drawn from census-tract data and random-digit telephone dialing. Subjects were 50 to 90 years of age and ambulatory; selection was not made on the basis of knee or other joint problems. We assessed the integrity of the menisci in the right knee on 1.5-tesla MRI scans obtained from 991 subjects (57% of whom were women). Symptoms involving the right knee were evaluated by questionnaire.

studied 研究した
 書き出しの動詞は悩むところですが、無難なところでstudyを使ってますね。
census-tract data 国勢調査データ
random-digit telephone dialing 無作為に作成した番号で電話した
 この2つは馴染みがない人が多いかも。知識として吸収。
Subjects 対象者、被検者
ambulatory 歩行可能な
 ちなみに、ambulanceは救急車。
assessed 評価した
 「アセスメント」という言葉もよく聞くようになりました。
questionnaire 質問票

Results The prevalence of a meniscal tear or of meniscal destruction in the right knee as detected on MRI ranged from 19% (95% confidence interval [CI], 15 to 24) among women 50 to 59 years of age to 56% (95% CI, 46 to 66) among men 70 to 90 years of age; prevalences were not materially lower when subjects who had had previous knee surgery were excluded. Among persons with radiographic evidence of osteoarthritis (Kellgren–Lawrence grade 2 or higher, on a scale of 0 to 4, with higher numbers indicating more definite signs of osteoarthritis), the prevalence of a meniscal tear was 63% among those with knee pain, aching, or stiffness on most days and 60% among those without these symptoms. The corresponding prevalences among persons without radiographic evidence of osteoarthritis were 32% and 23%. Sixty-one percent of the subjects who had meniscal tears in their knees had not had any pain, aching, or stiffness during the previous month.

as detected on ~で見つかった
 onを使うところに注目。
materially 著しく、実質上
63% among those with ~の63%
%を書くとき、どうしようかなと迷いますが、そのままでok。

Conclusions Incidental meniscal findings on MRI of the knee are common in the general population and increase with increasing age.
ここは結論ですが、タイトル通りですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。いつも応援ありがとうございます。1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
 




テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 14:36:41 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad