■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

経済学からの投稿: N Engl J Med 2009;360:1740-8.
The New England Journal of Medicine April 23号のSpecial Articleは経済学者からの投稿です。そのせいか、いつもの医学論文ではあまり見かけない単語も出てきます。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Changes in the Incidence and Duration of Periods without Insurance (N Engl J Med 2009;360:1740-8.)

とはいっても、構成はいつも通りで、今回の「ハテナ起点」はこちら。

However, there are few data that show how the incidence and duration of periods in which persons do not have insurance have changed over time. (N Engl J Med 2009;360:1740-8.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Policymakers have recently proposed ways of providing health care coverage for an increased number of uninsured persons. (N Engl J Med 2009;360:1740-8.)

Policymakers 政策立案者
 医学雑誌掲載論文としては、斬新な書き出し(というか主語)ですね。このあと、Howeverと続けて、「ハテナ起点」を述べています。

METHODS

For each set of years, we estimated the probability that a person would be uninsured for some period of time and the probability that a person would subsequently obtain private or public insurance. (N Engl J Med 2009;360:1740-8.)

For each set of years 該当年のセットで
 これはこの前の文を受けています。

RESULTS

The percentage that was uninsured for a period of time increased markedly among persons with the lowest educational level and predominantly represented loss of private coverage. (N Engl J Med 2009;360:1740-8.)

predominantly 主として

CONCLUSIONS

The periods without insurance were shorter in 2001–2004 than they were in 1983–1986, since an increase in transitions to public coverage offset a reduction in transitions to private coverage. (N Engl J Med 2009;360:1740-8.)

offset 相殺する
 
Our results portend difficulties if private coverage continues to decline and is not offset by further expansions of public insurance. (N Engl J Med 2009;360:1740-8.)

portend 予兆となる、暗示する
 経済学ではよく使われる単語なのでしょうか。少なくともここ半年のNEJMの抄録では新出語ですね。

いかがでしたか。医療にはこうした経済学的検討も必要です。こうして紙面に載せてくるNEJMの見識、さすがというところでしょうか。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 05:29:41 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad