■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
研究背景を要約する:N Engl J Med 2009;360:1500-8.
読み手がその論文で扱っている話題についてあまりよく知らない、ということはままあることです。自分たちのやったことを評価してもらうには、その話題について要約して、ある程度の共通理解を築くことが必要です。
The New England Journal of Medicine April 9号2番目の論文はヒトの褐色脂肪細胞についての内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Cold-Activated Brown Adipose Tissue in Healthy Men (N Engl J Med 2009;360:1500-8.)

今回は明確な形では「ハテナ起点」は示されていません。研究のきっかけとなったのはこのあたり。

Until recently, the presence of brown adipose tissue was thought to be relevant only in small mammals and infants, with negligible physiologic relevance in adult humans. (N Engl J Med 2009;360:1500-8.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Studies in animals indicate that brown adipose tissue is important in the regulation of body weight, and it is possible that individual variation in adaptive thermogenesis can be attributed to variations in the amount or activity of brown adipose tissue. (N Engl J Med 2009;360:1500-8.)

adaptive thermogenesis 適応性熱産生
 環境に適応した熱産生、という意味でしょうか。

Until recently, the presence of brown adipose tissue was thought to be relevant only in small mammals and infants, with negligible physiologic relevance in adult humans. (N Engl J Med 2009;360:1500-8.)

relevant ~に関係する
negligible わずかな
 成人のヒトではあまり関係ないと考えられていた、ということです。

METHODS

Putative brown-adipose-tissue activity was determined with the use of integrated 18F-fluorodeoxyglucose positron-emission tomography and computed tomography. (N Engl J Med 2009;360:1500-8.)

Putative 推定上の

RESULTS

BMI and percentage of body fat both had significant negative correlations with brown adipose tissue, whereas resting metabolic rate had a significant positive correlation. (N Engl J Med 2009;360:1500-8.)

whereas 一方
 この語をはさんで前半と後半を対比させる、おなじみの構文です。

CONCLUSIONS

Brown adipose tissue may be metabolically important in men, and the fact that it is reduced yet present in most overweight or obese subjects may make it a target for the treatment of obesity.
(N Engl J Med 2009;360:1500-8.)

it is reduced yet present in most overweight or obese subjects 褐色脂肪細胞は、ほとんどの過体重や肥満者に、減少しているとはいえ、存在する

いかがでしたか。新しい肥満治療法が見つかるかもしれませんね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:25:06 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。