■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
標準的な書き方: N Engl J Med 2009;360:1395-407.
大規模試験ともなると、それ相応のライターなり添削者なりがつくのか、論文の体裁、書きぶりも非常に「標準的」なものになります。

今回の論文ではロサルバスタチンの効果を検討しています。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。
Rosuvastatin and Cardiovascular Events in Patients Undergoing Hemodialysis (N Engl J Med 2009;360:1395-407.)

この論文の「ハテナ起点」はここ。
However, a benefit of statins in such patients who are undergoing hemodialysis has not been proved. (N Engl J Med 2009;360:1395-407.)

BACKGROUND

However, a benefit of statins in such patients who are undergoing hemodialysis has not been proved. (N Engl J Med 2009;360:1395-407.)

この表現は使えそうです。

METHODS

We conducted an international, multicenter, randomized, double-blind, prospective trial involving 2776 patients, 50 to 80 years of age, who were undergoing maintenance hemodialysis. (N Engl J Med 2009;360:1395-407.)

conducted 実施した
 研究、検討を「行った」というときの表現としてチェックしておきます。

RESULTS

Rosuvastatin had no effect on individual components of the primary end point. There was also no significant effect on all-cause mortality (13.5 vs. 14.0 events per 100 patient-years; hazard ratio, 0.96; 95% CI, 0.86 to 1.07; P=0.51). (N Engl J Med 2009;360:1395-407.)

had no effect on 効果がなかった
There was also no significant effect on 有意な効果はなかった
 同じ意味の言い換えです。

CONCLUSIONS

In patients undergoing hemodialysis, the initiation of treatment with rosuvastatin lowered the LDL cholesterol level but had no significant effect on the composite primary end point of death from cardiovascular causes, nonfatal myocardial infarction, or nonfatal stroke. (N Engl J Med 2009;360:1395-407.)

had no significant effect on 有意な効果はなかった
 これも上記と同意の言い換えです。

いかがでしたか。これはAURORA Studyと呼ばれるものですが、かなりインパクトのある結果でした。この論文のEditorialが本誌には掲載されていますが、そのタイトルがふるっています。
Sunset for Statins after AURORA? (N Engl J Med 2009;360:1455-1457.)

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 20:56:56 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。