■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
図を思い出す: N Engl J Med 2009;360:1200-10.
内分泌のテキストにはホルモンの相互関係図が必ず載っています。なかなか覚えづらくて医学生泣かせでしたが、今もそうでしょうか。

今回の論文は卵巣機能不全に関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Mutations in NR5A1 Associated with Ovarian Insufficiency (N Engl J Med 2009;360:1200-10.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

The genetic causes of nonsyndromic ovarian insufficiency are largely unknown. (N Engl J Med 2009;360:1200-10.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The genetic causes of nonsyndromic ovarian insufficiency are largely unknown. (N Engl J Med 2009;360:1200-10.)

largely ほとんど

A nuclear receptor, NR5A1 (also called steroidogenic factor 1), is a key transcriptional regulator of genes involved in the hypothalamic–pituitary–steroidogenic axis. (N Engl J Med 2009;360:1200-10.)

the hypothalamic–pituitary–steroidogenic axis 視床下部-下垂体-ステロイド産生系
 「あの図だ~」という感じですね。あれはaxis (軸)なんですね。

... but growing experimental evidence from studies in mice suggests a key role for this factor in ovarian development and function as well. (N Engl J Med 2009;360:1200-10.)

growing experimental evidence 増加する実験結果
 growingを使うのがおもしろいです。

METHODS

To test the hypothesis that mutations in NR5A1 cause disorders of ovarian development and function, ... (N Engl J Med 2009;360:1200-10.)

To test the hypothesis that ~という仮説を検証するため

RESULTS

Members of each of the four families and 2 of the 25 subjects with isolated ovarian insufficiency carried mutations in the NR5A1 gene. (N Engl J Med 2009;360:1200-10.)

carried mutations 変異を持っていた
 carry mutationsでチェック。ウイルスでもcarrierというようにcarryを使います。

CONCLUSIONS

NR5A1 mutations are associated with 46,XX primary ovarian insufficiency and 46,XY disorders of sex development. (N Engl J Med 2009;360:1200-10.)

are associated with  ~と関連している

いかがでしたか。遺伝子解析により次第に病因が明らかにされていきますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:23:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。