■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
課題をもって読む: N Engl J Med 2009;360:1102-12.
タイトルに目新しい用語を見つけたときにはその定義が気になります。
今回もhospitalistという、和訳にのりにくい語があります。それはどんな人たちを指すのでしょうか。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Growth in the Care of Older Patients by Hospitalists in the United States (N Engl J Med 2009;360:1102-12.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

National and population-based information on the increase in patient care by hospitalists in the United States is lacking. (N Engl J Med 2009;360:1102-12.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

National and population-based information on the increase in patient care by hospitalists in the United States is lacking. (N Engl J Med 2009;360:1102-12.)

is lacking 欠如している
 直接的な言い方ですが、「ハテナ表現」のひとつですね。

METHODS

We defined hospitalists as general internists who derived 90% or more of their Medicare claims for evaluation-and-management services from the care of hospitalized patients. (N Engl J Med 2009;360:1102-12.)

 ここに定義が記載されています。日本でいうところの「内科(病棟)勤務医」になるのでしょうか。hospitalistと書くと漠然とhospitalで働いている人たちというイメージはつかめますが、著者らの設定した定義はかくのごとき、ということです。

RESULTS

... (both hospitalists and traditional, non–hospital-based general internists) (N Engl J Med 2009;360:1102-12.)

 ホスピタリストを言い換えると、"hospital-based general internists"となりそうですね。

CONCLUSIONS

These analyses of data from Medicare claims showed a substantial increase in the care of hospitalized patients by hospitalist physicians from 1995 to 2006. (N Engl J Med 2009;360:1102-12.)

hospitalist physicians ホスピタリスト的内科医
 physiciansをつけることで定義が明瞭になっています。

いかがでしたか。この検討結果が高齢者の医療に今後どのように対処していくかを論じる上で役に立つとよいですね。


NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:06:36 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。