■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
強調構文を使う: N Engl J Med 2009;360:1085-95.
最近のThe New England Journal of Medicineは、食物汚染や環境汚染など外的要因の人体に与える影響をしばしば取り上げています。
今回の原著論文もその方針に沿ったもので、オゾンについて検討しています。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Long-Term Ozone Exposure and Mortality (N Engl J Med 2009;360:1085-95.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

the effect of long-term exposure to ozone on air pollution–related mortality remains uncertain. (N Engl J Med 2009;360:1085-95.)

おなじみの表現、見つけられましたか?
では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Although many studies have linked elevations in tropospheric ozone to adverse health outcomes, the effect of long-term exposure to ozone on air pollution–related mortality remains uncertain. (N Engl J Med 2009;360:1085-95.)

tropospheric  対流圏の

METHODS

Data from the study cohort of the American Cancer Society Cancer Prevention Study II were correlated with air-pollution data from 96 metropolitan statistical areas in the United States. (N Engl J Med 2009;360:1085-95.)

study cohort 研究コホート
 日本語になじみにくいコホートという語ですが、ロングマン現代英英辞典4訂増補版には以下の説明があります。
cohort technical a group of people of the same age, social class etc, especially when they are being studied: a cohort of 386 patients aged 65 plus

RESULTS

The estimated relative risk of death from respiratory causes that was associated with an increment in ozone concentration of 10 ppb was 1.040 (95% confidence interval, 1.010 to 1.067). (N Engl J Med 2009;360:1085-95.)

increment  増加

The association of ozone with the risk of death from respiratory causes was insensitive to adjustment for confounders and to the type of statistical model used. (N Engl J Med 2009;360:1085-95.)

confounders  交絡因子 
 統計に疎いとなかなか用語が身につきませんね。

CONCLUSIONS

In this large study, we were not able to detect an effect of ozone on the risk of death from cardiovascular causes when the concentration of PM2.5 was taken into account. (N Engl J Med 2009;360:1085-95.)

were not able to
 大西泰斗先生によると
be able toはcanとほぼ同じですが、過去の文で使われると微妙に意味が変わってきます。
He could fix any kind of machine. (どんな機械も{やろうと思えば}直せた)
と、
I was able to fix my computer. (パソコンを{実際に}直せた)
の意味の違いを押さえておきましょう。

(ハートで感じる英文法 p.215: 大西泰斗、ポール・マクベイ著、NHK出版)
そこから考えると、ここでは「事実としては示すことができなかった」という意味を含みますね。

We did, however, demonstrate a significant increase in the risk of death from respiratory causes in association with an increase in ozone concentration. (N Engl J Med 2009;360:1085-95.)

強調が入っています。著者らの強い意志を感じますね。

いかがでしたか。これくらい、主張が強く押し出されると、こちらにもストレートに伝わってきますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 08:31:52 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。