■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
September 25, 2008 vol.359 No13 (1343-56)
NEJM 9月25日号3つめの原著論文を読みましょう。
これは全文が無料で閲覧できます。興味のある方、力試ししてみたい方はどうぞ。

ではまずタイトルから。
Intensive Lipid Lowering with Simvastatin and Ezetimibe in Aortic Stenosis

Intensive 積極的な、集中的な
 ICUのIはこれです。

本文に進みましょう。
Background Hyperlipidemia has been suggested as a risk factor for stenosis of the aortic valve, but lipid-lowering studies have had conflicting results.

Hyperlipidemia 脂質異常症
 日本語では「脂質異常症」と名称変更になりましたが、英語ではやっぱり「高脂血症」なんですね。
conflicting 矛盾する、相容れない
 conflictは争うという意味なので、いろんな結果が出て対立しているイメージです。

Methods We conducted a randomized, double-blind trial involving 1873 patients with mild-to-moderate, asymptomatic aortic stenosis. The patients received either 40 mg of simvastatin plus 10 mg of ezetimibe or placebo daily. The primary outcome was a composite of major cardiovascular events, including death from cardiovascular causes, aortic-valve replacement, nonfatal myocardial infarction, hospitalization for unstable angina pectoris, heart failure, coronary-artery bypass grafting, percutaneous coronary intervention, and nonhemorrhagic stroke. Secondary outcomes were events related to aortic-valve stenosis and ischemic cardiovascular events.

conducted 実施した
 「実験、研究を行った」というときに使う動詞、いろいろ出てきてますね。これもボキャブラリーに追加しましょう。
The primary outcome 主要転帰
 secondary outcomes 副次的転帰も出てきます。対になっていますね。
composite 複合
 以前にも出てきましたね。
nonfatal 致死的でない

Results During a median follow-up of 52.2 months, the primary outcome occurred in 333 patients (35.3%) in the simvastatin–ezetimibe group and in 355 patients (38.2%) in the placebo group (hazard ratio in the simvastatin–ezetimibe group, 0.96; 95% confidence interval [CI], 0.83 to 1.12; P=0.59). Aortic-valve replacement was performed in 267 patients (28.3%) in the simvastatin–ezetimibe group and in 278 patients (29.9%) in the placebo group (hazard ratio, 1.00; 95% CI, 0.84 to 1.18; P=0.97). Fewer patients had ischemic cardiovascular events in the simvastatin–ezetimibe group (148 patients) than in the placebo group (187 patients) (hazard ratio, 0.78; 95% CI, 0.63 to 0.97; P=0.02), mainly because of the smaller number of patients who underwent coronary-artery bypass grafting. Cancer occurred more frequently in the simvastatin–ezetimibe group (105 vs. 70, P=0.01).

During a median follow-up of 52.2 months 中央値52.2か月の経過観察期間中
was performed 施行された
underwent(検査、手術などを)受けた
 perform とundergoは検査、手術などを施行するというときによく使う動詞です。

Conclusions Simvastatin and ezetimibe did not reduce the composite outcome of combined aortic-valve events and ischemic events in patients with aortic stenosis. Such therapy reduced the incidence of ischemic cardiovascular events but not events related to aortic-valve stenosis.

reduce 減少する

ちょっと微妙な書きぶりの結論でしたね。
抄録を読んだだけではなんだかすっきりしないぞ、結局どうしたらいいんだ、ともやもやする方は、全文を是非。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。応援ありがとうございます。どうぞ1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

それから、昨日、拍手をくださった方、ありがとうございます。励みになりまーす。

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:17:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。