■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

ただの症例報告に終わらせない:N Engl J Med 2009;360:881-5.
学会発表(あるいは学会誌)でよく見られる症例報告の結論は、ともすれば「事例紹介」に終わりがちですが、The New England Journal of Medicine のBrief Reportはそこから導いてくる考察がさすがです。
以下のタイトルをクリックするとサマリーが開きます。

Spermatogenesis in a Man with Complete Deletion of USP9Y (N Engl J MEd 2009;360:881-5.)

今回の報告の「ハテナ起点」はここ。

Deletions in the azoospermia factor region AZFa on the human Y chromosome and, more specifically, in the region that encompasses the ubiquitin-specific peptidase 9, Y-linked gene USP9Y have been implicated in infertility associated with oligospermia and azoospermia. (N Engl J MEd 2009;360:881-5.)

では早速読んでいきましょう。

Deletions in the azoospermia factor region AZFa on the human Y chromosome and, more specifically, in the region that encompasses the ubiquitin-specific peptidase 9, Y-linked gene USP9Y have been implicated in infertility associated with oligospermia and azoospermia. (N Engl J MEd 2009;360:881-5.)

encompasses  もたらす
implicated 関係させる

We have characterized in detail a deletion in AZFa that results in an absence of USP9Y in a normospermic man and his brother and father. (N Engl J MEd 2009;360:881-5.)

characterized  ~の特性を記述する
 詳しく調べた、というような意味でしょうか。

The association of this large deletion with normal fertility shows that USP9Y, hitherto considered a candidate gene for infertility and azoospermia, does not have a key role in male reproduction. (N Engl J MEd 2009;360:881-5.)

hitherto  これまでは
 なかなか使う機会のない副詞ですが、チェック。

These results suggest that it may not be necessary to consider USP9Y when screening the Y chromosome of infertile or subfertile men for microdeletions. (N Engl J MEd 2009;360:881-5.)

it may not be necessary to 必要ないかもしれない
 かなり慎重な言い方になっていますが、それでも著者らの主張が入っています。

いかがでしょうか。短いサマリーではありますが、臨床例の検討から、広く敷衍する真理を導こうとする思考過程がよくわかりますね。日々の臨床においてもこうした態度は見習わなくては...

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:28:47 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad