■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

1語で「ハテナ」をにおわせる:N Engl J Med 2009;360:774-83.
「ハテナ起点」表現として、これまで頻出は"unknown"ですが、そうした直接的な表現とは別に「このあたりが、ハテナなんだよね~」と言外ににおわせる動詞を見つけました。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Quality of Life after Late Invasive Therapy for Occluded Arteries (N Engl J Med 2009;360:774-83.)

今回の「ハテナ起点」はここにあります。

The open-artery hypothesis postulates that late opening of an infarct-related artery after myocardial infarction will improve clinical outcomes. (N Engl J Med 2009;360:774-83.)

では早速、抄録を読んでみます。

BACKGROUND

The open-artery hypothesis postulates that late opening of an infarct-related artery after myocardial infarction will improve clinical outcomes. (N Engl J Med 2009;360:774-83.)

postulates  <...を>(自明こととして)仮定する、(論理を発展させるために)前提とする

 ロングマン現代英英辞典4訂新版も見ておきましょう。

postulate
to suggest that something might have happened or be true


 いかにも思わせぶりな動詞ですね。この一語で、著者らがここに「ハテナの種」を見つけたことが推測されますね。「ハテナ表現」としてはやや上級ですね。

METHODS

In 951 patients (44% of those eligible), we assessed quality of life by means of a battery of tests that included two principal outcome measures, ... (N Engl J Med 2009;360:774-83.)

a battery of 一連の
 batteryは電池、だけじゃないんですね。

RESULTS

At 4 months, the medical-therapy group, as compared with the PCI group, had a clinically marginal decrease of 3.4 points in the DASI score (P=0.007). (N Engl J Med 2009;360:774-83.)

At 4 months 4ヵ月の時点で
 atを使っていることに注意。

CONCLUSIONS

PCI was associated with a marginal advantage in cardiac physical function at 4 months but not thereafter. (N Engl J Med 2009;360:774-83.)

marginal わずかな、ぎりぎりの
 RESULTSの部分にも出てきました。1抄録に何度も出てくることから、著者らの思いがにじんでいるのを感じます。

 「ハテナ」を感じたとおり、当初の仮説は(この2年間の検討を見る限り)裏付けられなかったようですね。更に長期を見るとどうなのでしょう。ただ、対象層の年齢によってはそれほどの長期予後(5年とか10年)を設定する意義がないかもしれません。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:01:33 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad