■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
形容詞に主観をのぞかせる: N Engl J Med 2009;36-:679-91.
Hack系ビジネスパーソンの間で時折話題になる「4行日記」(一日5分 目的・目標を達成させる4行日記:小林恵智著)というのがあります。その4行は、「事実」「発見」「教訓」「宣言」からなるのですが、ここでおもしろいのは、「事実」の部分には極力主観を避ける、というきまりがあることです。これは広く、私たちの扱う論文にも適応できることですが、そうはいっても人間ですから、思わず、表現に気持ちが顕れてしまうこともあります。

今回の論文は乳がんのホルモン療法に関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。
Endocrine Therapy plus Zoledronic Acid in Premenopausal Breast Cancer (N Engl J Med 2009;360:679-91.)

この論文の「ハテナ起点」は明確には記載されておらず、背景の部分でそれとなく匂わす程度になっています。

では早速、抄録を読んでいきます。

BACKGROUND

Aromatase inhibitors are superior to tamoxifen in postmenopausal patients, and preclinical data suggest that zoledronic acid has antitumor properties. (N Engl J Med 2009;360:679-91.)

 この一文あたりが「ハテナ起点」らしき部分のようですが、「何がわからないのか」を明瞭に提示するという体はなしていません。

METHODS

The primary end point was disease-free survival; recurrence-free survival and overall survival were secondary end points. (N Engl J Med 2009;360:679-91.)

";"が「一方」という意味で使われています。そのことで、全体がコンパクトになっていますね。

RESULTS

The addition of zoledronic acid to endocrine therapy, as compared with endocrine therapy without zoledronic acid, resulted in an absolute reduction of 3.2 percentage points and a relative reduction of 36% in the risk of disease progression (hazard ratio, 0.64; 95% CI, 0.46 to 0.91; P=0.01) ... (N Engl J Med 2009;360:679-91.)

an absolute reduction 絶対的低下
a relative reduction 相対的低下
 この2つは対になっています。absoluteは「実数として」という意味で使われていますが、読む側としては、なんとなく書き手の勢い(というか、鼻息)を感じますね(個人的感想です)。

CONCLUSIONS

The addition of zoledronic acid to adjuvant endocrine therapy improves disease-free survival in premenopausal patients with estrogen-responsive early breast cancer. (N Engl J Med 2009;360:679-91.)

 今回の検討では有意差が出たものも出なかったものもありましたが、この点については確証を得た、ということでしょう。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 13:28:22 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。