■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
接続語をうまく使う:N Engl J Med 2009;360:659-67.
The New England Journal of Medicine Feb.12, 2009号が発行されました。
早速、順に原著論文抄録を読んでいきましょう。
最初の論文は、B細胞クローンに関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

B-Cell Clones as Early Markers for Chronic Lymphocytic Leukemia (N Engl J Med 2009;360:659-67.)

今回の「ハテナ起点」は仮説として明示されています。

In this prospective cohort study, we tested the hypothesis that CLL is always preceded by MBL. (N Engl J Med 2009;360:659-67.)

では抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Otherwise healthy persons with a small number of B-cell clones circulating in the peripheral blood have been designated as having monoclonal B-cell lymphocytosis (MBL). (N Engl J Med 2009;360:659-67.)

Otherwise その他の点では
 いきなりotherwiseが出てくると、「何と異なるんだ?!」という感じですが、「B細胞クローンが少ない、という以外では健康な人」という意味です。

METHODS

... we identified 45 subjects in whom CLL was subsequently diagnosed ... (N Engl J Med 2009;360:659-67.)

subsequently  そのあとに

... we determined the association between MBL and subsequent CLL and characterized the immunoglobulin gene repertoire of the prediagnostic B-cell clones. (N Engl J Med 2009;360:659-67.)

repertoire  レパートリー
 こういう綴りだったんですねえ。

RESULTS

Furthermore, 27 of 35 of the IGHV sequences (77%) had mutations, ... (N Engl J Med 2009;360:659-67.)

Furthermore そのうえ
 こうした接続語は、なくても意味は通じますが、あると読んだ時に目通りが滑らかですね。

CONCLUSIONS

In peripheral blood obtained up to 77 months before a CLL diagnosis, prediagnostic B-cell clones were present in 44 of 45 patients with CLL. (N Engl J Med 2009;360:659-67.)

up to ~に至るまで

いかがでしたか。abstractのように字数制限があるものでは、接続語のように論旨を述べる上で必須とはいえないものは削られがちですが、読む側としては、あるほうが読みやすいと思いますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:16:29 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。