■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
グローバルな研究?:N Engl J Med 2009;360:491-9.
The New England Journal of Medicine Jan. 29日号にはSpecial Articleが掲載されています。
内容は外科手術における安全性チェックリストの効果についてです。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

A Surgical Safety Checklist to Reduce Morbidity and Mortality in a Global Population (N Engl J MEd 2009;360:491-9.)

今回の「ハテナ起点」は仮説として提示されています。

Surgical complications are common and often preventable. We hypothesized that a program to implement a 19-item surgical safety checklist designed to improve team communication and consistency of care would reduce complications and deaths associated with surgery. (N Engl J MEd 2009;360:491-9.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Surgery has become an integral part of global health care, with an estimated 234 million operations performed yearly. (N Engl J MEd 2009;360:491-9.)


global health care 
 この部分だけ読むと、はたしてglobalは「世界的な」と解釈すべきか、それとも比喩的に「包括的な」と取るべきか悩みますが、読み進めるとどちらの意味かわかります。それにしても、冒頭から、かなり壮大なイメージを持ってきましたね。

We hypothesized that a program to implement a 19-item surgical safety checklist designed to improve team communication and consistency of care would reduce complications and deaths associated with surgery. (N Engl J MEd 2009;360:491-9.)

implement 実施する、使用する

METHODS

Between October 2007 and September 2008, eight hospitals in eight cities (Toronto, Canada; New Delhi, India; Amman, Jordan; Auckland, New Zealand; Manila, Philippines; Ifakara, Tanzania; London, England; and Seattle, WA) representing a variety of economic circumstances and diverse populations of patients participated in the World Health Organization's Safe Surgery Saves Lives program. (N Engl J MEd 2009;360:491-9.)

 ここを読むと、globalの意図するところが読めますね。まさしく、「地球規模」のスタディです。

We prospectively collected data on clinical processes and outcomes from 3733 consecutively enrolled patients 16 years of age or older who were undergoing noncardiac surgery. We subsequently collected data on 3955 consecutively enrolled patients after the introduction of the Surgical Safety Checklist. (N Engl J MEd 2009;360:491-9.)

prospectively 前向き調査として、あらかじめ
subsequently そのあとに
 この2語は対になって使われています。

RESULTS

The rate of death was 1.5% before the checklist was introduced and declined to 0.8% afterward (P=0.003). (N Engl J MEd 2009;360:491-9.)

 さながら「ビフォー、アフター」の表現ですね。

CONCLUSION

Implementation of the checklist was associated with concomitant reductions in the rates of death and complications among patients at least 16 years of age who were undergoing noncardiac surgery in a diverse group of hospitals. (N Engl J MEd 2009;360:491-9.)

concomitant 相ともなう
 死亡率および合併症発生の両方が低下した、ということを意味しています。

 いかがでしたか。WHOならではのグローバルな研究でしたが、それぞれの擦り合わせは大変だっただろうと推察されます。どんなチェックリストなのかご覧になりたい方は、free articleなので全文をサイトで無料で読むことができますので、是非アクセスしてみてくださいね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:04:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。