■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

絞り込みを記す:N Engl J Med 2009;360:470-80.
The New England Journal of Medicine Jan. 29号掲載3番目は小児白血病に関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Deletion of IKZF1 and Prognosis in Acute Lymphoblastic Leukemia (N Engl J Med 2009;360:470-80.)

今回の「ハテナ起点」はここです。

Recent genomewide analyses have identified a high frequency of DNA copy-number abnormalities in ALL, but the prognostic implications of these abnormalities have not been defined. (N Engl J Med 2009;360:470-80.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Despite best current therapy, up to 20% of pediatric patients with acute lymphoblastic leukemia (ALL) have a relapse. (N Engl J Med 2009;360:470-80.)

 Despiteで始めることで、一気に読み手の関心を話題の対象に引き込んでいます。

Recent genomewide analyses have identified a high frequency of DNA copy-number abnormalities in ALL, but the prognostic implications of these abnormalities have not been defined. (N Engl J Med 2009;360:470-80.)

but the prognostic implications of these abnormalities have not been defined.
 この部分に「ハテナ」に覚え、この研究を行ったというわけです。

METHODS

Children with known very-high-risk ALL subtypes (i.e., BCR-ABL1–positive ALL, hypodiploid ALL, and ALL in infants) were excluded from this cohort. (N Engl J Med 2009;360:470-80.)


very-high-risk リスクが非常に高い
 ハイフンでつないで一語にし、形容詞としています。

RESULTS

More than 50 recurring copy-number abnormalities were identified, most commonly involving genes that encode regulators of B-cell development (in 66.8% of patients in the original cohort); PAX5 was involved in 31.7% and IKZF1 in 28.6% of patients. (N Engl J Med 2009;360:470-80.)

in 31.7% 31.7%で
 前置詞inを使うことをチェック。

CONCLUSIONS

Genetic alteration of IKZF1 is associated with a very poor outcome in B-cell–progenitor ALL. (N Engl J Med 2009;360:470-80.)

is associated with a very poor outcome 非常に不良な転帰と関連している


 検討内容がだんだんと絞り込まれ、最終的にこの遺伝子変化に到達した、ということが読んでいて自然にわかる構成でした。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:42:22 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad