■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
過去形が示すもの:N Engl J Med 2009;360:329-38.
The New England Journal of Medicine 1月22日号が届きました。
早速、最初の論文から抄録を見てみましょう。
今回の話題は、未就学児の喘鳴に対する治療です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Oral Prednisolone for Preschool Children with Acute Virus-Induced Wheezing (N Engl J Med 2009;360:329-38.)

今回の「ハテナ起点」はここです。

A short course of oral prednisolone is widely used to treat preschool children with wheezing who present to a hospital, but there is conflicting evidence regarding its efficacy in this age group. (N Engl J Med 2009;360:329-38.)

では早速読んでいきましょう。

BACKGROUND

A short course of oral prednisolone is widely used to treat preschool children with wheezing who present to a hospital, but there is conflicting evidence regarding its efficacy in this age group. (N Engl J Med 2009;360:329-38.)

conflicting 相容れない、矛盾する
 「evidenceはあるが、同じ方向を向いていない」状況なので、自分たちも調べてみた、というわけです。

METHODS

We conducted a randomized, double-blind, placebo-controlled trial comparing a 5-day course of oral prednisolone (10 mg once a day for children 10 to 24 months of age and 20 mg once a day for older children) with placebo in 700 children between the ages of 10 months and 60 months. (N Engl J Med 2009;360:329-38.)

comparing A with B AとBを比較して
 カッコ書きに惑わされないように。

RESULTS

There was no significant difference in the duration of hospitalization between the placebo group and the prednisolone group (13.9 hours vs. 11.0 hours; ratio of geometric means, 0.90; 95% confidence interval, 0.77 to 1.05) or in the interval between hospital admission and signoff for discharge by a physician. (N Engl J Med 2009;360:329-38.)

signoff for discharge 退院許可

CONCLUSIONS

In preschool children presenting to a hospital with mild-to-moderate wheezing associated with a viral infection, oral prednisolone was not superior to placebo. (N Engl J Med 2009;360:329-38.)

oral prednisolone was not superior to placebo.
 現在形でなく過去形で述べられています。自分たちの結果はこうだった、と過去形にすることで、conflicting evidenceにひとつ追加された、ということになるのでしょうか。

 例数としては十分あるようですが、それでも決着が付かない問題なのでしょうね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
 

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:43:35 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。