■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バックナンバーも聞けます:Podcasting January 15, 2009
今日はThe New England Journal of Medicine最新号の発売日です。
最新号が出ると同時に、ウェブサイトも更新されます。
「となると、先週のpodcastは聞けないのでは?」
いえいえ、心配ご無用。
サイトの右カラムに「RECENT NEJM AUDIO」というコーナーがあり、ここから聞くことができますよ。

では早速1月15日分のポッドキャストのヘッドライン部分を聞いてみます。
いつものように、掲載スクリプトと異なる部分を赤で示します。

Welcome to the New England Journal of Medicine audio summary for the week of January 15, 2009. I'm Dr. Lise Johnson. This week's issue featuresThis summary covers the issue of January 15, 2009. Featured are articles on fractional flow reserve versus angiography for guiding PCI percutaneous coronary intervention, atypical antipsychotic drugs and the risk of sudden cardiac death, cumulative live-birth rates after in vitro fertilization, effect of pneumococcal conjugate vaccine on pneumococcal meningitis, peginterferon alfa-2a and ribavirin in Latino and non-Latino whites with hepatitis C, and oncogenesis and metastasis; a review article on endometriosis; a case report of a man with pain and swelling of the right hand and hypotension; and Perspective articles on visions for change in U.S. health care, on health care reform why on so much talk and so little action in health care reform, and on the fast-food fund.

今回もほぼスクリプト通りでした。いかがでしたか?

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 06:35:22 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。