■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

「民族」に着目:N Engl J Med 2009;360:257-67.
The New England Journal of Medicine 1月15日号掲載の5番目の原著論文はC型肝炎治療に関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると、抄録が開きます。

Peginterferon Alfa-2a and Ribavirin in Latino and Non-Latino Whites with Hepatitis C

今日の「ハテナ起点」はここです。

however, Latinos and other ethnic subpopulations have been underrepresented in clinical trials. (N Engl J Med 2009;360:257-67.)

では早速、抄録を読んでみましょう。

BACKGROUND

... however, Latinos and other ethnic subpopulations have been underrepresented in clinical trials. (N Engl J Med 2009;360:257-67.)

underrepresented 十分に表示されていない
 十分検討されていない、という意味です。「人種」ではなくラテン「民族」という視点で検討したらどうなのだろう、というのが今回の「ハテナ起点」です。

METHODS

In a multicenter, open-label, nonrandomized, prospective study, 269 Latino and 300 non-Latino whites with HCV infection received peginterferon alfa-2a, at a dose of 180 µg per week, (N Engl J Med 2009;360:257-67.)

at a dose of ~の用量で
 ひとまとまりでチェックしておきます。

We enrolled Latinos whose parents and grandparents spoke Spanish as their primary language; nonwhite Latinos were excluded. (N Engl J Med 2009;360:257-67.)

Latinos whose parents and grandparents spoke Spanish as their primary language 両親と祖父母がスペイン語を第一言語として話すラテン系患者
 ラテン系患者の定義を述べています。人種ではなく、文化的背景で定義しています。

RESULTS

Baseline characteristics were similar in the Latino and non-Latino groups, although higher proportions of Latino patients were 40 years of age or younger, had a body-mass index (BMI, the weight in kilograms divided by the square of the height in meters) of more than 27 or more than 30, and had cirrhosis. (N Engl J Med 2009;360:257-67.)

higher proportions of Latino patients were ~の割合がラテン系患者で多かった
 were以下で述べられている項目が多いのでこうした構文になったのでしょうか。ちょっとひねった形ですね。

CONCLUSIONS

Strategies to improve the sustained virologic response in Latinos are needed. (N Engl J Med 2009;360:257-67.)

Strategies ... are needed 治療戦略が必要である
 著者らの主張が強く表れた一文です。

 文化的背景で治療効果が異なる、というのは一体何を意味するのでしょうか。もちろん、そこには人種が一致する部分もあるでしょうが、2代までさかのぼって「言語が同一」という定義には若干のあいまいさが残るような印象もあります。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。下のバナーをぽんと押して、応援をお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:30:45 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad