■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
焦点を絞る:N Engl J Med 2009;360:244-56.
The New England Journal of Medicine 1月15日号掲載4番目の原著論文は肺炎球菌ワクチンに関する内容です。
以下のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

ffect of Pneumococcal Conjugate Vaccine on Pneumococcal Meningitis (N Engl J Med 2009;360:244-56.)

今日の「ハテナ起点」はここ。

... but its effect on pneumococcal meningitis is unclear. (N Engl J Med 2009;360:244-56.)

では早速、抄録本文を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Invasive pneumococcal disease declined among children and adults after the introduction of the pediatric heptavalent pneumococcal conjugate vaccine (PCV7) in 2000, but its effect on pneumococcal meningitis is unclear. (N Engl J Med 2009;360:244-56.)

 前半で肺炎球菌結合型ワクチンの全般的な効果を延べ、後半でフォーカスを絞って今回の論点(「ハテナ起点」)を提示しています。読者の興味をうまく誘導していますね。

METHODS

We examined trends in pneumococcal meningitis from 1998 through 2005 using active, population-based surveillance data from eight sites in the United States. (N Engl J Med 2009;360:244-56.)

trends in pneumococcal meningitis 肺炎球菌性髄膜炎の動向
 ここでは"in"が使われていることに注意。ロングマン現代英英辞典4訂増補版では例として

[+in] recent trends in education

というのが載っています。

RESULTS

On average, 27.8% of isolates were nonsusceptible to penicillin, but fewer isolates were nonsusceptible to chloramphenicol (5.7%), meropenem (16.6%), and cefotaxime (11.8%). (N Engl J Med 2009;360:244-56.)

On average 平均して

CONCLUSIONS

Although the overall effect of the vaccine remains substantial, a recent increase in meningitis caused by non-PCV7 serotypes, including strains nonsusceptible to antibiotics, is a concern. (N Engl J Med 2009;360:244-56.)

substantial 実のある、効果のある
is a concern 懸念される
 なかなか自分では使いこなせない表現ですが、使えればびしっと決まる(ちょっと大人な)感じがします(注:きわめて個人的な感触ですが)。

 感染症対策というのは「もぐらたたき」に近いものがあります。たゆまぬ努力が求められますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。下のバナーをぽんと押して、応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:33:39 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。