■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

「提供は」が消えた!?:Podcasting: Jan.1, 2009
今年最初のThe New England Journal of Medicine podcastingを聞きましょう。
NEJMのサイトやiTuneで聞くことができますよ。

ヘッドライン部分のスクリプトはNEJMサイトに掲載されています。
参考にしながら聞くとわかりやすいです。
また、ヘッドライン後の部分も抄録に準じた内容なので、一通り目を通したあとだとわかりやすいです。

では、早速聞いてみましょう。
スクリプトは読まれているものと必ずしも一致していないので、聞き取った部分や読まれなかった部分を赤で示しておきます。

前回まで存在した「提供は~」の部分がなくなっていますね。これで最初から「??」とならなくてすみます。提携がなくなったのでしょうか。

Welcome to the New England Journal of Medicine audio summary for the week of January 1, 2009. I'm Dr. Lise Johnson. This week's issue featuresThis summary covers the issue of January 1, 2009. Featured are articles on machine perfusion or cold storage in deceased-donor kidney transplantation, decontamination of the digestive tract and oropharynx in ICU patients, a syndrome with congenital neutropenia and mutations in G6PC3, modulation of blood pressure by central melanocortinergic pathways, giant osteoclast formation and long-term oral bisphosphonate therapy alendronate, and bacterial virulence and the living system; a review article on radiation therapy for early-stage breast cancer after breast-conserving surgery; a Clinical Problem-Solving article on keeping an open mind; and Perspective articles on the pitfalls of health care journalism and on the many causes of severe congenital neutropenia.

いかがでしたか。今回は比較的、掲載スクリプト通りでした。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


コメント、メッセージいつでも歓迎です。ぜひ、ひとことどうぞ。

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 06:20:39 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad