■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

December 18, 2008 vol.359 No23(2651-62.)
The New England Journal of Medicine 12月18日号掲載2番目の原著論文は院外心停止の治療に関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Thrombolysis during Resuscitation for Out-of-Hospital Cardiac Arrest

今日の注目表現はこちら。

We did not detect any significant differences between tenecteplase and placebo in the primary end point of 30-day survival ... (N Engl J Med 2008;359:2651-62.)

では抄録本文を順に読んでいきましょう。

BACKGROUND

Approximately 70% of persons who have an out-of-hospital cardiac arrest have underlying acute myocardial infarction or pulmonary embolism. (N Engl J Med 2008;359:2651-62.)

underlying 潜在する
 心停止の原因のことを指しています。

METHODS

In a double-blind, multicenter trial, we randomly assigned adult patients with witnessed out-of-hospital cardiac arrest to receive tenecteplase or placebo during cardiopulmonary resuscitation.(N Engl J Med 2008;359:2651-62.)

witnessed 目撃者のいる、立証者のいる

Adjunctive heparin or aspirin was not used.(N Engl J Med 2008;359:2651-62.)

Adjunctive 補助の

RESULTS

Subsequently, the trial was terminated prematurely for futility after enrolling a total of 1050 patients.(N Engl J Med 2008;359:2651-62.)

Subsequently その後、その結果
prematurely 早期に
for futility 無益性のため

We did not detect any significant differences between tenecteplase and placebo in the primary end point of 30-day survival ...(N Engl J Med 2008;359:2651-62.)

did not detect any significant differences between ~間に有意差は見られなかった
 「有意差がない」という表現方法として使えます。チェック!

CONCLUSIONS

... we did not detect an improvement in outcome, ... (N Engl J Med 2008;359:2651-62.)

detect an improvement in outcome アウトカムの改善を認めた
 単に「無効だった」と書かないところに著者らの残念な気持ちが見え隠れするようです。

目の付け所は悪くなかったのですが結果が出ませんでした。現時点では呼吸循環動態の回復が全て、というところなのでしょう。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。お手数ながら応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:58:40 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad