■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
真菌汚染製剤による臨床症状は: N Engl J Med 2013;369:1610-9.
前回に引き続き、真菌で汚染されたメチルプレドニゾロンによる感染事故の報告を読んでいきましょう。
今回の論文では、その臨床症状を詳述しています。

Clinical Findings for Fungal Infections Caused by Methylprednisolone Injections (N Engl J Med 2013;369:1610-9.)

「はてな起点」はこちら。

Little is known about infections caused by Exserohilum rostratum, the predominant outbreak-associated pathogen. (N Engl J Med 2013;369:1610-9.)

"Little is known"、つまり、ほとんど知られていない、という意味ですね。

では早速、Abstractを読んでいきましょう。

BACKGROUND

We describe the early clinical course of outbreak-associated infections. (N Engl J Med 2013;369:1610-9.)

日本語の論文の場合、主体は明示されないことが多いのですが、ここではしっかりと、"We"で始めていますね。

METHODS

Polymerase-chain-reaction assays and immunohistochemical testing were performed on clinical isolates and tissue specimens for pathogen identification. (N Engl J Med 2013;369:1610-9.)

検査などを実施した、というときには定番の"perform"です。

RESULTS

Non-CNS infections were more frequent later in the course of the outbreak (median interval from last injection to diagnosis, 39 days for epidural abscess and 21 days for stroke; P<0.001), and such infections developed in patients with and in those without meningitis. (N Engl J Med 2013;369:1610-9.)

長〜い一文ですが、カッコ部分は飛ばして読んでも、意味を取るのには問題ありません。

CONCLUSIONS

The initial clinical findings from this outbreak suggest that fungal infections caused by epidural and paraspinal injection of a contaminated glucocorticoid product can result in a broad spectrum of clinical disease, reflecting possible variations in the pathogenic mechanism and in host and exposure risk factors. (N Engl J Med 2013;369:1610-9.)

こちらは更に長い文になっています。こういうときには、まずは動詞を丸で囲んで、おおまかな流れをつかみます。

使用薬剤が汚染されているかどうかは現場では確認のしようもないわけですから、製造現場での品質点検を確実にやってもらうほか、対策としてはないだろう、と思います。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ


スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 21:30:00 | Trackback(0) | Comments(0)
薬剤がコンタミしていたら!: N Engl J Med 2013;369:1598-609.
滅菌されているはずの薬剤が汚染されていた!という、医薬品の品質保証に関わる問題が昨年、アメリカで起こりました。今回の論文はそれに関する内容です。

Fungal Infections Associated with Contaminated Methylprednisolone Injections (N Engl J Med 2013;369:1598-609.)

今日の「さすが!文」はこれ。

Rapid public health actions included prompt recall of the implicated product, notification of exposed persons, and early outreach to clinicians. (N Engl J Med 2013;369:1598-609.)

この文で使われている、時間関連の形容詞を拾ってみます。
・rapid
・prompt
・early
感覚としては、promptが一番迅速になるように思います。

さて、今回の「はてな起点」はこちら。

Fungal infections are rare complications of injections for treatment of chronic pain. (N Engl J Med 2013;369:1598-609.)

「あり得ないことが起こってしまった」ということが発端となっています。

では、Abstractを読んでいきましょうか。

BACKGROUND

In September 2012, we initiated an investigation into fungal infections associated with injections of preservative-free methylprednisolone acetate that was purchased from a single compounding pharmacy. (N Engl J Med 2013;369:1598-609.)

invastigate into ... で「〜を調べる」ということなので、これはまとめて覚えておきます。

METHODS

Three lots of methylprednisolone acetate were recalled by the pharmacy; examination of unopened vials later revealed fungus. (N Engl J Med 2013;369:1598-609.)

事もあろうにfungusが混入していたとは!

RESULTS

Case patients had received a median of 1 injection (range, 1 to 6) of implicated methylprednisolone acetate. (N Engl J Med 2013;369:1598-609.)

Case patients 症例患者

なかなか、とっさには思いつかない表現なので、check & stock!

CONCLUSIONS

Analysis of data from a large, multistate outbreak of fungal infections showed substantial morbidity and mortality. (N Engl J Med 2013;369:1598-609.)

きわめて客観的にshowedが使われていますね。ちょっと気持ちをこめてrevealedでもいいところですが。

いかがでしたか?この汚染事故についてはもう1本、論文が出ています。次回はそれを読んでみます。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 18:23:22 | Trackback(0) | Comments(0)
光る1文を拾う:N Engl J Med 2013;369:1587-97.
The New England Journal of Medicine (NEJM)のAbstractは、内容の充実度もさることながら、英文それ自体も読む価値のあるものとなっています。

今日はOct.24, 2013号の最初のOriginal Articleを読んでみます。

Thrombus Aspiration during ST-Segment Elevation Myocardial Infarction (N Engl J Med 2013;369:1587-97.)

今回の「さすが!文」

No patients were lost to follow-up. (N Engl J MED 2013;369:1587-97.)

「さすがNEJM掲載だけある!」という文を「さすが!文」と呼ぶことにしました。

脱落なく全例フォローできました、という内容の一文です。さらっと書かれていますが、なかなかこうは書けないんですよね。さすが。

お約束の「はてな起点」はこちら。

The clinical effect of routine intracoronary thrombus aspiration before primary percutaneous coronary intervention (PCI) in patients with ST-segment elevation myocardial infarction (STEMI) is uncertain. (N Engl J MED 2013;369:1587-97.)

では、Abstractを読んでいきましょう。

BACKGROUND

We aimed to evaluate whether thrombus aspiration reduces mortality. (N Engl J MED 2013;369:1587-97.)

見落としがちですが、ここ、現在形になってますよ。結構、(恒久的な結果を)狙ってるなって感じがしますね。

METHODS

The primary end point was all-cause mortality at 30 days. (N Engl J MED 2013;369:1587-97.)

そもそもAbstractに不要な部分はないのですが、もしどうしてもこのパラグラフで1文だけしか読めないとしたら、読むのはここしかありません。なにはなくとも、PE (primary end point)です。

RESULTS

Death from any cause occurred in 2.8% of the patients in the thrombus-aspiration group (103 of 3621), as compared with 3.0% in the PCI-only group (110 of 3623) (hazard ratio, 0.94; 95% confidence interval [CI], 0.72 to 1.22; P=0.63). (N Engl J MED 2013;369:1587-97.)

PEの結果がここに記されています。括弧内は読み飛ばしがちですが、結果数値の評価にはここのhazard ratioと95% CIは最も大切。

CONCLUSIONS

Routine thrombus aspiration before PCI as compared with PCI alone did not reduce 30-day mortality among patients with STEMI. (N Engl J MED 2013;369:1587-97.)

上記の結果数値を文章で書くとこうなります。

この結論からすると、STEMIの治療としてPCIは必要十分であるということになりますね。処置具や技術の進歩により治療法として他の追随を許さないレベルにまで達していると考えていいのでしょうか。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 18:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。