■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
話題の1本を読む: N Engl J Med 2012; 367:1287-1296
あちらこちらで、わさわさと話題になっている論文が今週号のNEJMに掲載されています。

Intraaortic Balloon Support for Myocardial Infarction with Cardiogenic Shock (N Engl J Med 2012; 367:1287-1296)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

However, evidence is based mainly on registry data, and there is a paucity of randomized clinical trials. (N Engl J Med 2012; 367:1287-1296)

"However,"で、前文の既知をひっくり返す、というパターンですね。

では、アブストラクトを読んでいきましょう。

BACKGROUND

However, evidence is based mainly on registry data, and there is a paucity of randomized clinical trials. (N Engl J Med 2012; 367:1287-1296)

paucity 少ないこと

ちょっと見慣れない書き方ですね。英文バリエーションを増やす意味でチェックしておきます。

METHODS

The primary efficacy end point was 30-day all-cause mortality. (N Engl J Med 2012; 367:1287-1296)

METHODSでは、とにもかくにも、一次エンドポイントをきちんと拾っておきます。紙ベースで読んでいる場合は、赤ペンで線を引いといてもいいくらいです。

RESULTS

At 30 days, 119 patients in the IABP group (39.7%) and 123 patients in the control group (41.3%) had died (relative risk with IABP, 0.96; 95% confidence interval, 0.79 to 1.17; P=0.69). (N Engl J Med 2012; 367:1287-1296)

これが一次エンドポイント結果です。95%CIを見ると... 1が含まれてますね。これは有意差がありません。

CONCLUSIONS

The use of intraaortic balloon counterpulsation did not significantly reduce 30-day mortality in patients with cardiogenic shock complicating acute myocardial infarction for whom an early revascularization strategy was planned. (N Engl J Med 2012; 367:1287-1296)

「有意に低下させなかった」と言い切っています。細かいことはRESULTSで説明してあるので、ここでは一文ですっと流しています。

いかがでしたか?IABP至上に一石を投じた論文となっています。さあこのあと、追試は出てくるでしょうか?

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 21:02:51 | Trackback(0) | Comments(1)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。