■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
記憶と脳のはなしは尽きず: N Engl J Med 2012;366:502-10. (Feb.9, 2012)
少し前には「脳ブーム」で、なんでもかんでも、脳がらみで、語られていました。ブームは下火になったようですが、それでも、脳や記憶は、古くて新しい、新しくて古い、永遠のトピックスであることに変わりはありません。

下記のタイトルをクリックすると、アブストラクトが開きます。

Memory Enhancement and Deep-Brain Stimulation of the Entorhinal Area (N Engl J Med 2012;366:502-10.)

タイトルにまたもや、知らない単語がありますか?
"entorhinal"、わかりますか?
私はわからなかったので、分解してみました。
"ento+rhinal"、ははーん、というイメージが浮かんできます。

"endo-, ento-
どちらの形でも、innner(内側)あるいはwithin(内部)を表す"
(『速引!医学語ブック』東京図書、シンシア・L・クライダー著、秋田カオリ訳)

"rhin, rhino
これはnose(鼻)を表す。" (同上)

ということなので、entorhinal areaは「嗅内野」という意味になります。

今回の「ハテナ起点」は仮説で提出されています。

We tested the hypothesis that deep-brain stimulation of the hippocampus or entorhinal cortex alters memory performance. (N Engl J Med 2012;366:502-10.)

科学英語にひねりは不要、というのがよくわかる構文です。

では早速、アブストラクトを読んでいきましょう。

BACKGROUND

The medial temporal structures, including the hippocampus and the entorhinal cortex, are critical for the ability to transform daily experience into lasting memories. (N Engl J Med 2012;366:502-10.)

"entorhinal cortex"がぴんとこなくても、この文でだいたいのオリエンテーションはつきます。長期記憶の話は、池谷裕二さんの本あたりを思い出します。

METHODS

During half the learning trials, focal electrical stimulation was given below the threshold that elicits an afterdischarge (i.e., a neuronal discharge that occurs after termination of the stimulus). (N Engl J Med 2012;366:502-10.)

カッコ内の補足は、不案内な読者に親切ですね。

RESULTS

Entorhinal stimulation applied while the subjects learned locations of landmarks enhanced their subsequent memory of these locations: the subjects reached these landmarks more quickly and by shorter routes, as compared with locations learned without stimulation. (N Engl J Med 2012;366:502-10.)

下線部が今回の検討で得られた事実です。

CONCLUSIONS

Stimulation of the entorhinal region enhanced memory of spatial information when applied during learning. (N Engl J Med 2012;366:502-10.)

7例の解析からわかったことを、非常に丁寧に言葉を選びながら述べています。

いかがでしたか?今回、人為的に加えられた電気刺激は、実際の生体内ではどのような機序で発生して、私たちの記憶を定着させているのか、興味がありますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。