■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

知識を確認しつつ: N Engl J Med 2011; 365:2463-2472 (December 29, 2011)
オーソドックスな記述の論文では、自分の知識を確認しながら読みます。
それもまた、「味読」のひとつです。

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。
Low-Molecular-Weight Heparin and Mortality in Acutely Ill Medical Patients (N Engl J Med 2011;365:2463-72.)

今回の「はてな起点」はこちら。

Although thromboprophylaxis reduces the incidence of venous thromboembolism in acutely ill medical patients, an associated reduction in the rate of death from any cause has not been shown. (N Engl J Med 2011;365:2463-72.)

では早速、アブストラクトを読んでいきましょう。

BACKGROUND

Although thromboprophylaxis reduces the incidence of venous thromboembolism in acutely ill medical patients, an associated reduction in the rate of death from any cause has not been shown. (N Engl J Med 2011;365:2463-72.)

書き出しを読んだだけで、「ははあ、これは例のひっくり返し論法だな」と気がつきますね。その通りの「はてな起点」でした。

METHODS

ココで押さえるべきは次に2文のみ。

The primary efficacy outcome was the rate of death from any cause at 30 days after randomization. The primary safety outcome was the rate of major bleeding during and up to 48 hours after the treatment period. (N Engl J Med 2011;365:2463-72.)

プライマリーアウトカムをefficacyとsafetyのふたつで組んでいます。これが大切!

RESULTS

The rate of death from any cause at day 30 was 4.9% in the enoxaparin group as compared with 4.8% in the placebo group (risk ratio, 1.0; 95% confidence interval [CI], 0.8 to 1.2; P=0.83). (N Engl J Med 2011;365:2463-72.)

efficacyのほうの結果がこちら。95%CIに1が含まれることをチェック。

The rate of major bleeding was 0.4% in the enoxaparin group and 0.3% in the placebo group (risk ratio, 1.4; 95% CI, 0.7 to 3.1; P=0.35). (N Engl J Med 2011;365:2463-72.)

safetyのほうの結果はこちら。やはり95%CIに1が含まれています。

CONCLUSIONS

The use of enoxaparin plus elastic stockings with graduated compression, as compared with elastic stockings with graduated compression alone, was not associated with a reduction in the rate of death from any cause among hospitalized, acutely ill medical patients. (N Engl J Med 2011;365:2463-72.)

「統計学的相関はなかった」というときの言い回しです。

いかがでしたか?定石をきちんと踏んだ記述だったと思います。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 21:39:38 | Trackback(0) | Comments(0)
楽しさを見つけながら:N Engl J Med 2011; 365:2453-2462 (December 29, 2011)
2012年になりました。
新しい年を迎え、またNEJMを楽しみながら味わいながら、読んでいきます。

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Liberal or Restrictive Transfusion in High-Risk Patients after Hip Surgery (N Engl J Med 2100;365:2453-62.)

今回の論文の起点となった疑問(「はてな起点」)はこちら。

The hemoglobin threshold at which postoperative red-cell transfusion is warranted is controversial. (N Engl J Med 2100;365:2453-62.)

では早速、アブストラクトを読んでいきましょう。

BACKGROUND

The hemoglobin threshold at which postoperative red-cell transfusion is warranted is controversial. (N Engl J Med 2100;365:2453-62.)

典型的な「はてな起点」文です。「主語の部分の決着が付いてないのでやってみた」というわけです。

METHODS

We randomly assigned patients to a liberal transfusion strategy (a hemoglobin threshold of 10 g per deciliter) or a restrictive transfusion strategy (symptoms of anemia or at physician discretion for a hemoglobin level of <8 g per deciliter). (N Engl J Med 2100;365:2453-62.)

カッコ書きで説明を加えています。liberalとrestrictiveはタイトルにも入っている語ですが、この解説を読まなければぴんと来ませんでした。

このMETHODで押さえる文はこの一文。

The primary outcome was death or an inability to walk across a room without human assistance on 60-day follow-up. (N Engl J Med 2100;365:2453-62.)

プライマリーアウトカムがなんなのか、がキモですよ。

RESULTS

The rates of the primary outcome were 35.2% in the liberal-strategy group and 34.7% in the restrictive-strategy group (odds ratio in the liberal-strategy group, 1.01; 95% confidence interval [CI], 0.84 to 1.22), for an absolute risk difference of 0.5 percentage points (95% CI, -3.7 to 4.7). (N Engl J Med 2100;365:2453-62.)

オッズ比が1を含むことに注意。要は、「差がなかった」ということです。

CONCLUSIONS

A liberal transfusion strategy, as compared with a restrictive strategy, did not reduce rates of death or inability to walk independently on 60-day follow-up or reduce in-hospital morbidity in elderly patients at high cardiovascular risk. (N Engl J Med 2100;365:2453-62.)

RESULTS部分の言い換えになっています。

いかがでしたか?この論文では、輸血はぎりぎりまで待つ、という方針が支持される結果となりましたね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 21:59:53 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad