■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
介護の質を論議する: N Engl J Med 2011;364(13):1243-50.
週刊誌の見出しに「いい介護施設の選び方」というフレーズが踊る我が国ですが、海外では既に学術的に検討されている課題のようです。

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Relationship between Quality of Care and Negligence Litigation in Nursing Homes (N Engl J Med 2011;364:1243-50.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

It is unclear whether high-quality health care institutions are less likely to be sued for negligence than their low-performing counterparts. (N Engl J Med 2011;364:1243-50.)

定番表現の"it is unclear whether ... "です。

では早速、アブストラクトを読んでいきましょう。

BACKGROUND

It is unclear whether high-quality health care institutions are less likely to be sued for negligence than their low-performing counterparts. (N Engl J Med 2011;364:1243-50.)

negligence 過失

法務用語ですね。

METHODS

We linked information on tort claims brought against 1465 nursing homes between 1998 and 2006 to 10 indicators of nursing home quality drawn from two U.S. national data sets: the Online Survey, Certification, and Reporting system and the Minimum Data Set Quality Measure/Indicator Report. (N Engl J Med 2011;364:1243-50.)

tort claims 不法行為

RESULTS

Nursing homes with more deficiencies (odds ratio, 1.09; 95% confidence interval [CI], 1.05 to 1.13) and those with more serious deficiencies (odds ratio, 1.04; 95% CI, 1.00 to 1.08) had higher odds of being sued; this was also true for nursing homes that had more residents with weight loss (odds ratio, 1.05; 95% CI, 1.01 to 1.10) and with pressure ulcers (odds ratio, 1.09; 95% CI, 1.05 to 1.14). (N Engl J Med 2011;364:1243-50.)

pressure ulcers 褥瘡

CONCLUSIONS

Such weak discrimination may subvert the capacity of litigation to provide incentives to deliver safer care. (N Engl J Med 2011;364:1243-50.)

subvert 覆す、損なう
litigation 訴訟

いかがでしたか?法務用語が多くてすんなりとは読み進めなかったのですが、内容はつかめました。介護施設のレベルについて、こうした試みが行われていることに驚きました。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:35:33 | Trackback(0) | Comments(0)
ふたつの疑問を一気に解く: N Engl J Med 2011;364(13):1230-42.
ひとつのテーマに複数の「はてな?」があるとき、うまく問いを立てると一気に解決することができます。
研究についても同様で、デザインを効率よく組むことがポイントとなります。

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Growth Hormone plus Childhood Low-Dose Estrogen in Turner's Syndrome (N Engl J Med 2011;364:1230-42.)

今回は「ハテナ起点」がふたつあります。

Although recombinant human growth hormone is commonly used to treat the short stature associated with this syndrome, a randomized, placebo-controlled trial is needed to document whether such treatment increases adult height. (N Engl J Med 2011;364:1230-42.)

前半で既知の事実、後半でこれからやるべきことを提示しています。
さらに、

Furthermore, it is not known whether childhood estrogen replacement combined with growth hormone therapy provides additional benefit. (N Engl J Med 2011;364:1230-42.)

ここの「はてな」では未知の項目についてあげています。
このふたつの「はてな」、どうやって解いていくのでしょうか?

では早速、アブストラクトを読んでいきましょう。

BACKGROUND

Short stature and ovarian failure are characteristic features of Turner's syndrome. (N Engl J Med 2011;364:1230-42.)

うまい書き出しですね。"Turner's syndrome"を主語にもってきそうになりますが、本論文が成長ホルモンやエストロゲンを扱うということを言外に示しています。

METHODS

In this double-blind, placebo-controlled trial, we randomly assigned 149 girls, 5.0 to 12.5 years of age, to four groups: double placebo (placebo injection plus childhood oral placebo, 39 patients), estrogen alone (placebo injection plus childhood oral low-dose estrogen, 40), growth hormone alone (growth hormone injection plus childhood oral placebo, 35), and growth hormone–estrogen (growth hormone injection plus childhood oral low-dose estrogen, 35). (N Engl J Med 2011;364:1230-42.)

表にすると一目瞭然ですが、文章で表すとなるとなかなか面倒です。この文を参考にしましょう。

RESULTS

The mean standard-deviation scores for adult height, attained at an average age of 17.0±1.0 years, after an average study period of 7.2±2.5 years were -2.81±0.85, -3.39±0.74, -2.29±1.10, and -2.10±1.02 for the double-placebo, estrogen-alone, growth hormone–alone, and growth hormone–estrogen groups, respectively (P<0.001). (N Engl J Med 2011;364:1230-42.)

平均標準偏差スコアでの比較となっています。

CONCLUSIONS

In addition, the data suggest that combining childhood ultra-low-dose estrogen with growth hormone may improve growth and provide other potential benefits associated with early initiation of estrogen replacement. (N Engl J Med 2011;364:1230-42.)

「五分五分」のmayが使われています。まだまだこのあたりは更なる検討が必要である、というところでしょうか。

いかがでしたか?ふたつの疑問の解を一気に得るところまではいきませんでしたが、次に続くヒントは得られたようです。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:26:37 | Trackback(0) | Comments(0)
高齢者の肥満対策は: N Engl J Med 2011;364(13):1218-29.
老若男女を問わず、体重に関する話題には事欠きません。健康を保つ上でも体重は重要な要素です。
下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Weight Loss, Exercise, or Both and Physical Function in Obese Older Adults (N Engl J Med 2011;364:1218-29.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

however, the appropriate treatment for obese older adults is controversial. (N Engl J Med 2011;364:1218-29.)

"however, ... is controversial."で定番表現です。

では、今回はSTAT Readingでいきましょう。

研究デザイン

In this 1-year, randomized, controlled trial, ... (N Engl J Med 2011;364:1218-29.)

ランダム化比較研究です。

一次エンドポイント

The primary outcome was the change in score on the modified Physical Performance Test. (N Engl J Med 2011;364:1218-29.)

the modified Physical Performance Testのスコア変化が一次アウトカムと設定されています。

一次エンドポイントの結果数値

In the intention-to-treat analysis, the score on the Physical Performance Test, in which higher scores indicate better physical status, increased more in the diet–exercise group than in the diet group or the exercise group (increases from baseline of 21% vs. 12% and 15%, respectively); the scores in all three of those groups increased more than the scores in the control group (in which the score increased by 1%) (P<0.001 for the between-group differences). (N Engl J Med 2011;364:1218-29.)

ITT解析の結果を出してきています。食事・運動療法群でのスコア上昇を数値で出しています。ただし、3群間比較での有意差の有無は記載がありません。

結論

These findings suggest that a combination of weight loss and exercise provides greater improvement in physical function than either intervention alone. (N Engl J Med 2011;364:1218-29.)

数値結果を文章化していますね。aloneの使い方がうまい!真似したいです。

いかがでしたか?まあそうでしょうね、という予想範囲の結果ではありましたが、臨床応用するときの裏付けになる数字でした。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

Statistics | 06:42:25 | Trackback(0) | Comments(0)
HCV治療の話題が続きます: N Engl J Med 2011;364(13):1207-17.
初めはたどたどしくても、2回目は慣れてくる、ということはままあります。
HCV治療の論文もふたつ続くと、ふたつめは読みやすく感じるのではないでしょうか?

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Boceprevir for Previously Treated Chronic HCV Genotype 1 Infection (N Engl J Med 2011;364:1207-17.)

今回の「ハテナ起点」はこのあたり。

In patients with chronic infection with hepatitis C virus (HCV) genotype 1 who do not have a sustained response to therapy with peginterferon–ribavirin, outcomes after retreatment are suboptimal. (N Engl J Med 2011;364:1207-17.)

suboptimal 次善の

今ひとつ満足できない、という意味で使われています。

では早速、アブストラクトを読んでいきましょう。

BACKGROUND

Boceprevir, a protease inhibitor that binds to the HCV nonstructural 3 (NS3) active site, has been suggested as an additional treatment. (N Engl J Med 2011;364:1207-17.)

boceprevirについての説明が入っています。アブストラクトを読みながら薬の知識も広げましょう。

METHODS

To assess the effect of the combination of boceprevir and peginterferon–ribavirin for retreatment of patients with chronic HCV genotype 1 infection, we randomly assigned patients (in a 1:2:2 ratio) to one of three groups. (N Engl J Med 2011;364:1207-17.)

「3群に振り分けた」という基本表現をチェック!

RESULTS

The rate of sustained virologic response was significantly higher in the two boceprevir groups (group 2, 59%; group 3, 66%) than in the control group (21%, P<0.001). (N Engl J Med 2011;364:1207-17.)

boceprevir投与群が有意に高かったことを記載した上で、その内訳を括弧書きしています。前から読んでいくとき、このように書いてあるとイメージがつかみやすいですね。

CONCLUSIONS

The addition of boceprevir to peginterferon–ribavirin resulted in significantly higher rates of sustained virologic response in previously treated patients with chronic HCV genotype 1 infection, as compared with peginterferon–ribavirin alone. (N Engl J Med 2011;364:1207-17.)

比較表現の定番ですね。

いかがでしたか?今回は治療抵抗性のHCV genotype 1感染症例へのboceprevirの効果でした。なかなか有望な結果が出ていましたね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:30:21 | Trackback(0) | Comments(0)
HCVの治療も進む: N Engl J Med 2011;364(13):1195-206.
慢性C型肝炎の治療法は着々と進んでいて、ここ20年くらいを振り返ると、感慨深いものがあります。
今回はgenotype 1に対する治療の内容です。

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Boceprevir for Untreated Chronic HCV Genotype 1 Infection (N Engl J Med 2011;364:1195-206.)

今回の「ハテナ起点」の気配はこのあたりに漂っています。

The rate of sustained virologic response has been below 50% in cases of HCV genotype 1 infection. (N Engl J Med 2011;364:1195-206.)

現在の未達点を指摘しています。

では早速、アブストラクトを読んでいきましょう。

BACKGROUND

Peginterferon–ribavirin therapy is the current standard of care for chronic infection with hepatitis C virus (HCV). (N Engl J Med 2011;364:1195-206.)

定番の書き出し、既知の事実から導入しています。

METHODS

We conducted a double-blind study in which previously untreated adults with HCV genotype 1 infection were randomly assigned to one of three groups. (N Engl J Med 2011;364:1195-206.)

ランダム化二重盲検試験です。

RESULTS

Anemia led to dose reductions in 13% of controls and 21% of boceprevir recipients, with discontinuations in 1% and 2%, respectively. (N Engl J Med 2011;364:1195-206.)

減量を要した副反応例や継続できなかった例の割合を一文で表しています。なかなかスマートな文ですね。見習いたい!

CONCLUSIONS

The addition of boceprevir to standard therapy with peginterferon–ribavirin, as compared with standard therapy alone, significantly increased the rates of sustained virologic response in previously untreated adults with chronic HCV genotype 1 infection. (N Engl J Med 2011;364:1195-206.)

何気なく挿入されている句ですが、なかなかこなれていますよ。チェック!

いかがでしたか?有望な結果を出したフェーズ3試験でしたね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:35:47 | Trackback(0) | Comments(0)
カルバマゼピンの話題をもうひとつ: N Engl J Med 2011;364(12):1134-43.
ひとつのテーマに関する論文を連ねて掲載することがNEJMではままあります。
この号でもカルバマゼピンによる皮膚障害についての論文がもうひとつ載っています。

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

HLA-A*3101 and Carbamazepine-Induced Hypersensitivity Reactions in Europeans (N Engl J Med 2011;364:1134-43.)

今回の「ハテナ起点」はこのあたり。

The HLA-B*1502 allele has been shown to be strongly correlated with carbamazepine-induced Stevens–Johnson syndrome and toxic epidermal necrolysis (SJS–TEN) in the Han Chinese and other Asian populations but not in European populations. (N Engl J Med 2011;364:1134-43.)

"既知の事実, but ..."で疑問を提示するパターンですね。

では早速、アブストラクトを読んでいきましょう。

BACKGROUND

Carbamazepine causes various forms of hypersensitivity reactions, ranging from maculopapular exanthema to severe blistering reactions. (N Engl J Med 2011;364:1134-43.)

カルバマゼピンが起こしうる皮膚障害についてざっと概説しています。

METHODS

We tested for an association between disease and HLA alleles through proxy single-nucleotide polymorphisms and imputation, confirming associations by high-resolution sequence-based HLA typing. (N Engl J Med 2011;364:1134-43.)

imputation 補間

遺伝子解析の専門用語なので、いい訳語が見つかりません。専門外の人は読み飛ばしても全体はつかめます。

RESULTS

Follow-up genotyping confirmed the variant as a risk factor for the hypersensitivity syndrome (odds ratio, 12.41; 95% confidence interval [CI], 1.27 to 121.03), maculopapular exanthema (odds ratio, 8.33; 95% CI, 3.59 to 19.36), and SJS–TEN (odds ratio, 25.93; 95% CI, 4.93 to 116.18). (N Engl J Med 2011;364:1134-43.)

結構な数値を示しているオッズ比が並んでいます。95%CIから見てもこれはかなりなことです。

CONCLUSIONS

The presence of the allele increased the risk from 5.0% to 26.0%, whereas its absence reduced the risk from 5.0% to 3.8%. (N Engl J Med 2011;364:1134-43.)

おもしろい結語になっています。この対立遺伝子があればリスクはこれくらい増えます、なければこれくらい減ります、といっています。なくてもリスクがゼロにはならないんですね。

いかがでしたか?前の論文と合わせて読むと人種間比較ができる構成となっています。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:39:51 | Trackback(0) | Comments(0)
リスクを事前に予測する: N Engl J Med 2011;364(12):1126-33.
全ての人に安全な薬剤というのは存在しません。そのため、投与開始や投与中には副反応の発生には常に気を配らなければなりません。

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Carbamazepine-Induced Toxic Effects and HLA-B*1502 Screening in Taiwan (N Engl J Med 2011;364:1126-33.)

今回は「ハテナ起点」は明記されていません。

では早速、アブストラクトを読んでいきましょう。

BACKGROUND

Carbamazepine, an anticonvulsant and a mood-stabilizing drug, is the main cause of the Stevens–Johnson syndrome (SJS) and its related disease, toxic epidermal necrolysis (TEN), in Southeast Asian countries. (N Engl J Med 2011;364:1126-33.)

薬剤の説明、疫学的背景を一文ですっきりと記載しています。

METHODS

Those testing positive for HLA-B*1502 (7.7% of the total) were advised not to take carbamazepine and were given an alternative medication or advised to continue taking their prestudy medication; those testing negative (92.3%) were advised to take carbamazepine. (N Engl J Med 2011;364:1126-33.)

非常に人道的な内容ですね。台湾でのスタディということもあって、同じアジア人として、情景が目に浮かぶような気がします。

RESULTS

SJS–TEN did not develop in any of the HLA-B*1502–negative subjects receiving carbamazepine. (N Engl J Med 2011;364:1126-33.)

著者らの仮説通りの結果となりました。

CONCLUSIONS

The identification of subjects carrying the HLA-B*1502 allele and the avoidance of carbamazepine therapy in these subjects was strongly associated with a decrease in the incidence of carbamazepine-induced SJS–TEN. (N Engl J Med 2011;364:1126-33.)

強い相関を認めた、という結論になっています。

いかがでしたか?二重盲検ではできない内容の検討です。それでもここまで相関があれば、臨床でカルバマゼピンを投与するときの参照情報として十分使えるのではないかと思います。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:50:24 | Trackback(0) | Comments(0)
魚食のリスクを評価する: N Engl J Med 2011;364(12):1116-25.
生活習慣病の食事指導では魚を食べることを勧めることがあります。そこに潜在するリスクについては考えたことはありますか?

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Mercury Exposure and Risk of Cardiovascular Disease in Two U.S. Cohorts (N Engl J Med 2011;364:1116-25.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

Exposure to methylmercury from fish consumption has been linked to a potentially increased risk of cardiovascular disease, but evidence from prior studies is equivocal. (N Engl J Med 2011;364:1116-25.)

equivocal はっきりしない

今までにあまり見られなかったハテナ表現です。チェックしておきましょう。

では早速、アブストラクトを読んでいきましょう。

BACKGROUND

Beneficial effects of the ingestion of fish and selenium may also modify such effects. (N Engl J Med 2011;364:1116-25.)

五分五分の可能性を示す"may"が使われています。その前文で示した内容について、原因を推測して記載しています。

METHODS

Among subjects from two U.S. cohorts (a total of 51,529 men and 121,700 women) whose toenail clippings had been stored, we prospectively identified incident cases of cardiovascular disease (coronary heart disease and stroke) in 3427 participants and matched them to risk-set–sampled controls according to age, sex, race, and smoking status. (N Engl J Med 2011;364:1116-25.)

ケース・コントロール研究です。

RESULTS

For comparisons of the fifth quintile of mercury exposure with the first quintile, the relative risks were as follows: coronary heart disease, 0.85 (95% confidence interval [CI], 0.69 to 1.04; P=0.10 for trend); stroke, 0.84 (95% CI, 0.62 to 1.14; P=0.27 for trend); and total cardiovascular disease, 0.85 (95% CI, 0.72 to 1.01; P=0.06 for trend). (N Engl J Med 2011;364:1116-25.)

いずれの検討項目についても有意差はありませんでした。

CONCLUSIONS

We found no evidence of any clinically relevant adverse effects of mercury exposure on coronary heart disease, stroke, or total cardiovascular disease in U.S. adults at the exposure levels seen in this study. (N Engl J Med 2011;364:1116-25.)

この程度の曝露量では明らかなリスクは認められませんでした。

いかがでしたか?メチル水銀中毒というと水俣病が有名です。しかしそうした公害事例以外でも、魚にはメチル水銀が含有されていて健康に有害な可能性があるかもしれない、という仮説からの検討でした。これはアメリカでの検討であり、魚食の多い日本やアジアだとまた少し違った結果が出てくるかもしれません。多国でやってみるとおもしろいでしょうね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:10:50 | Trackback(0) | Comments(0)
この圧勝ぶりはなんだ!:N Engl J Med 2011;364(12):1104-15.
あまりにもいいことが続くと、これでいいのかなー、とふと不安になることがあります。
いいことだらけのこの報告、どう読みますか?

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Pioglitazone for Diabetes Prevention in Impaired Glucose Tolerance (N Engl J Med 2011;364:1104-15.)

今回の「ハテナ起点」はここ。

Interventions that may prevent or delay such occurrences are of great clinical importance. (N Engl J Med 2011;364:1104-15.)

かなり前向き、積極的な動機となっています。

では早速、アブストラクトを読んでいきましょう。

BACKGROUND

Impaired glucose tolerance is associated with increased rates of cardiovascular disease and conversion to type 2 diabetes mellitus. (N Engl J Med 2011;364:1104-15.)

ここに既知の事実が記載されています。

METHODS

Fasting glucose was measured quarterly, and oral glucose tolerance tests were performed annually. (N Engl J Med 2011;364:1104-15.)

quarterly 年4回

RESULTS

Annual incidence rates for type 2 diabetes mellitus were 2.1% in the pioglitazone group and 7.6% in the placebo group, and the hazard ratio for conversion to diabetes in the pioglitazone group was 0.28 (95% confidence interval, 0.16 to 0.49; P<0.001). (N Engl J Med 2011;364:1104-15.)

糖尿病になるハザード比はピオグリタゾン群で0.28、95%CI 0.16-0.49と圧倒的な好成績を出しています。これは文句のない数字です。
このあと、次々とプラセボ群を圧倒する有意な効果が記載され、最後にデメリットとして体重増加と浮腫が有意に多く発生したとあります。

CONCLUSIONS

As compared with placebo, pioglitazone reduced the risk of conversion of impaired glucose tolerance to type 2 diabetes mellitus by 72% but was associated with significant weight gain and edema. (N Engl J Med 2011;364:1104-15.)

結論に数値を入れてきました。これはかなり効きます。

いかがでしたか?一般に体重が増えると血糖コントロールが不良に傾きます。しかし、この検討では体重増加がありながら血糖コントロールは良化していますね。この体重増加が浮腫によるものなのかが気になります。更に、ピオグリタゾンで血糖正常化した場合、薬を止めてもそれは持続するのか、というところも今後、検討して欲しい点ですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:22:48 | Trackback(0) | Comments(0)
ガイドラインのすき間を埋める: N Engl J Med 2011;364(12):1093-103.
ここ数年、ガイドラインの整備も進み、実際の診療で大いに役に立ってくれています。
でも、未だ臨床での疑問に全て答えてくれる、というところまでには至っていないように思います。

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Tiotropium versus Salmeterol for the Prevention of Exacerbations of COPD (N Engl J Med 2011;362:1093-103.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

Treatment guidelines recommend the use of inhaled long-acting bronchodilators to alleviate symptoms and reduce the risk of exacerbations in patients with moderate-to-very-severe chronic obstructive pulmonary disease (COPD) but do not specify whether a long-acting anticholinergic drug or a β2-agonist is the preferred agent. (N Engl J Med 2011;362:1093-103.)

既知の事実から未知を引き出して起点にしています。

では早速、アブストラクトを読んでいきましょう。

BACKGROUND

Treatment guidelines recommend the use of inhaled long-acting bronchodilators to alleviate symptoms and reduce the risk of exacerbations in patients with moderate-to-very-severe chronic obstructive pulmonary disease (COPD) but do not specify whether a long-acting anticholinergic drug or a β2-agonist is the preferred agent. (N Engl J Med 2011;362:1093-103.)

alleviate 緩和する

METHODS

In a 1-year, randomized, double-blind, double-dummy, parallel-group trial, we compared the effect of treatment with 18 μg of tiotropium once daily with that of 50 μg of salmeterol twice daily on the incidence of moderate or severe exacerbations in patients with moderate-to-very-severe COPD and a history of exacerbations in the preceding year. (N Engl J Med 2011;362:1093-103.)

withだらけで迷いそうですが、compare A with Bを押さえて読みます。
ひとつ残る疑問としては、"treatment with 18 μg of tiotropium"はwithなのに、なぜうしろは"that of 50 μg of salmeterol"ではofになるのかということです。withが重なるのを避けたのでしょうか?

RESULTS

Tiotropium, as compared with salmeterol, increased the time to the first exacerbation (187 days vs. 145 days), with a 17% reduction in risk (hazard ratio, 0.83; 95% confidence interval [CI], 0.77 to 0.90; P<0.001). (N Engl J Med 2011;362:1093-103.)

ハザード比0.83で、95%CI 0.77-0.90で1を含みませんから、有意に差があります。

CONCLUSIONS

These results show that, in patients with moderate-to-very-severe COPD, tiotropium is more effective than salmeterol in preventing exacerbations. (N Engl J Med 2011;362:1093-103.)

現在形で言い切っていますね。

いかがでしたか?ガイドラインのすき間から生まれる検討、面白い着眼だと思います。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:44:22 | Trackback(0) | Comments(0)
看護師不足の影響を数字で見せる: N Engl J Med 2011;364(11):1037-45.
慢性的な看護師不足は日本だけの問題ではないようです。
下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Nurse Staffing and Inpatient Hospital Mortality (N Engl J Med 2011;364:1037-45.)

今回の「ハテナ起点」はこのあたり。

However, such studies have been criticized because they have not shown a direct link between the level of staffing and individual patient experiences and have not included sufficient statistical controls. (N Engl J Med 2011;364:1037-45.)

"however"でひっくり返して問題点を明らかにする、という文です。

では早速、アブストラクトを読んでいきましょう。

BACKGROUND

Cross-sectional studies of hospital-level administrative data have shown an association between lower levels of staffing of registered nurses (RNs) and increased patient mortality. (N Engl J Med 2011;364:1037-45.)

既報の結果を出してきています。

METHODS

We used data from a large tertiary academic medical center involving 197,961 admissions and 176,696 nursing shifts of 8 hours each in 43 hospital units to examine the association between mortality and patient exposure to nursing shifts during which staffing by RNs was 8 hours or more below the staffing target. (N Engl J Med 2011;364:1037-45.)

below the staffing target 目標を下回る

RESULTS

There was a significant association between increased mortality and increased exposure to unit shifts during which staffing by RNs was 8 hours or more below the target level (hazard ratio per shift 8 hours or more below target, 1.02; 95% confidence interval [CI], 1.01 to 1.03; P<0.001). (N Engl J Med 2011;364:1037-45.)

死亡率増加と正看護師の配置数が目標に満たない時間が8時間以上あることとの相関が示されています。95%CIが1.02-1.03なので有意です。

The association between increased mortality and high patient turnover was also significant (hazard ratio per high-turnover shift, 1.04; 95% CI, 1.02 to 1.06; P<0.001). (N Engl J Med 2011;364:1037-45.)

死亡率増加と病床回転率の高さも有意な相関があります。

CONCLUSIONS

In this retrospective observational study, staffing of RNs below target levels was associated with increased mortality, which reinforces the need to match staffing with patients' needs for nursing care. (N Engl J Med 2011;364:1037-45.)

下線部に著者らの考察が表現されています。

いかがでしたか?看護師不足が医療に与える影響を数値で出してきました。後ろ向き観察研究ではありますが、十分に評価できる内容だと思います。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ







テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:58:49 | Trackback(0) | Comments(0)
すき間を詰めていく: N Engl J Med 2011;364(11):1027-36.
化学療法の用量設定は非常にデリケートな部分です。大まかに設定したあと、細かく詰めていくという作業が必要になります。

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Cytarabine Dose for Acute Myeloid Leukemia (N Engl J Med 2011;364:1027-36.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

Intermediate dose levels have not been thoroughly evaluated. (N Engl J Med 2011;364:1027-36.)

「十分に評価されていない」というのがきっかけになっています。

では早速、アブストラクトを読んでいきましょう。

BACKGROUND

Cytarabine (ara-C) is an important drug in the treatment of acute myeloid leukemia (AML). (N Engl J Med 2011;364:1027-36.)

書き出しです。これから何の話をするのか、というのを端的に表現しています。

METHODS

The intermediate-dose group, totaling 431 patients, received cytarabine at a dose of 200 mg per square meter given by continuous intravenous infusion for 24 hours during cycle 1 of induction therapy and 1000 mg per square meter by infusion for 3 hours twice daily during cycle 2 of induction therapy. (N Engl J Med 2011;364:1027-36.)

totaling 合わせて

totalの動詞形です。このように使うんですね。チェック!

RESULTS

High-dose cytarabine provided no clear advantage in any prognostic subgroup. (N Engl J Med 2011;364:1027-36.)

provided no clear advantage in 明らかなメリットはなかった

使ってみたい表現ですね。

CONCLUSIONS

Induction therapy with cytarabine at the lower dose already produced maximal antileukemic effects for all response end points, suggesting a plateau in the dose–response relationship above this dose level. (N Engl J Med 2011;364:1027-36.)

下線部が今回の検討から示唆される内容です。

いかがでしたか?用量設定のニッチな部分を埋めていくことでより有効な投与量が決まっていくという過程が見えますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:27:59 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。