■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
動詞をシンプルに使って書く: N Engl J Med 2011;364(5):432-42.
和歌でも文章でもあまり技巧を凝らさない方がストレートに伝わる、ということがあります。
今回のアブストラクトはシンプルな動詞で記載されています。

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

NT5E Mutations and Arterial Calcifications (N Engl J Med 2011;364:432-42.)

今回はばっちりと「ハテナ起点(論文の元となった疑問)」がありますよ。

Arterial calcifications are associated with increased cardiovascular risk, but the genetic basis of this association is unclear. (N Engl J Med 2011;364:432-42.)

では、アブストラクトを読んでいきます。

BACKGROUND

Arterial calcifications are associated with increased cardiovascular risk, but the genetic basis of this association is unclear. (N Engl J Med 2011;364:432-42.)

be動詞の現在形でストレートに押してきますね。

METHODS

We performed clinical, radiographic, and genetic studies in three families with symptomatic arterial calcifications. (N Engl J Med 2011;364:432-42.)

このMETHODSのパラグラフ全体はたった2文で構成されています。しかもどちらも動詞は"perform"です。

RESULTS

We identified nine persons with calcifications of the lower-extremity arteries and hand and foot joint capsules: all five siblings in one family, three siblings in another, and one patient in a third family. (N Engl J Med 2011;364:432-42.)

a third family 3番目の家族

ここが"the"にならないことに注意。

CONCLUSIONS

We identified mutations in NT5E in members of three families with symptomatic arterial and joint calcifications. (N Engl J Med 2011;364:432-42.)

この書き出しはRESULTSのものと一緒です。
さらに言えば、METHODS, RESULTS, CONCLUISONSともに書き出しは"We"となっています。

いかがでしたか?アブストラクトを書くのに膨大な語彙数は必要ないことがよくわかります。シンプルな動詞で事実をぐいぐいと押してくるチカラを感じる好例でした。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 05:57:04 | Trackback(0) | Comments(0)
バンコマイシンに取って替われるか?: N Engl J Med 2011;364(5):422-31.
C.difficile 感染症治療の主役は長らくバンコマイシンでした。それに取って替わる新薬は現れるでしょうか?

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Fidaxomicin versus Vancomycin for Clostridium difficile Infection (N Engl J Med 2011;364:422-31.)

今回は「ハテナ起点」は明示されていません。強いて言えば、このあたり。

Patients generally have a response to oral vancomycin or metronidazole; however, the rate of recurrence is high. (N Engl J Med 2011;364:422-31.)

まずは、Stat-Readingです。

研究デザイン


phase 3 clinical trial

正確には「研究デザイン」用語ではないのですが、第3相試験といえばだいたいイメージできますね。

一次エンドポイント


The primary end point was clinical cure (resolution of symptoms and no need for further therapy for C. difficile infection as of the second day after the end of the course of therapy). (N Engl J Med 2011;364:422-31.)

括弧内で定義されたclinical cureが一次エンドポイントとなります。

一次エンドポイント結果数値


The rates of clinical cure with fidaxomicin were noninferior to those with vancomycin in both the modified intention-to-treat analysis (88.2% with fidaxomicin and 85.8% with vancomycin) and the per-protocol analysis (92.1% and 89.8%, respectively). (N Engl J Med 2011;364:422-31.)

ITT解析とPP解析の結果数値を併記しています。

結論


The rates of clinical cure after treatment with fidaxomicin were noninferior to those after treatment with vancomycin. (N Engl J Med 2011;364:422-31.)

結果数値の結果を文章化しています。

次に、アブストラクトを読んでいきます。

BACKGROUND

This phase 3 clinical trial compared the efficacy and safety of fidaxomicin with those of vancomycin in treating C. difficile infection. (N Engl J Med 2011;364:422-31.)

第3相試験ではお決まりの用語なのでチェック!

METHODS

Adults with acute symptoms of C. difficile infection and a positive result on a stool toxin test were eligible for study entry. (N Engl J Med 2011;364:422-31.)

細かいところですが、自分で書くときのために、複数形や不定冠詞に気をつけて読みます。

RESULTS

The rates of clinical cure with fidaxomicin were noninferior to those with vancomycin in both the modified intention-to-treat analysis (88.2% with fidaxomicin and 85.8% with vancomycin) and the per-protocol analysis (92.1% and 89.8%, respectively). (N Engl J Med 2011;364:422-31.)

ここではじめて「非劣性試験」だったらしい、とわかります。詳しい統計設定は本文を読まなくてはわかりませんが。

CONCLUSIONS

Fidaxomicin was associated with a significantly lower rate of recurrence of C. difficile infection associated with non–North American Pulsed Field type 1 strains. (N Engl J Med 2011;364:422-31.)

こちらは副次エンドポイントの結果を文章化しています。

いかがでしたか?C.difficileのstrainを見た上で投与する、という治療戦略になるかもしれませんね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:22:59 | Trackback(0) | Comments(2)
予後に影響する因子: N Engl J Med 2011;364(5):412-21.
悪性疾患の治療において予後に影響する因子は今後の治療戦略を立てる上でも重要です。
実際の臨床の場で「これがそうかも」と思える因子があっても、それを検証するのはなかなか大変です。

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Effect of Occult Metastases on Survival in Node-Negative Breast Cancer (N Engl J Med 2011;364:412-21.)

今回の「ハテナ起点」はここです。

Prospective data on clinical outcomes from randomized trials according to sentinel-node involvement have been lacking. (N Engl J Med 2011;364:412-21.)

これもまた、いつものやつ、ですね。

では、今日はこのままアブストラクトを読んでいきます。

BACKGROUND

Retrospective and observational analyses suggest that occult lymph-node metastases are an important prognostic factor for disease recurrence or survival among patients with breast cancer. (N Engl J Med 2011;364:412-21.)

次の文の始まり"Prospective data on clinical outcomes from randomized trials"が生きてくる書き出しです。

METHODS

Treating physicians were unaware of the findings, which were not used for clinical treatment decisions. (N Engl J Med 2011;364:412-21.)

盲検試験であることを示していますね。

RESULTS

The corresponding adjusted hazard ratios for death, any outcome event, and distant disease were 1.40 (95% CI, 1.05 to 1.86), 1.31 (95% CI, 1.07 to 1.60), and 1.30 (95% CI, 1.02 to 1.66), respectively. (N Engl J Med 2011;364:412-21.)

いずれのハザード比も1を含んでいません。従って有意差があると考えます。

Five-year Kaplan-Meier estimates of overall survival among patients in whom occult metastases were detected and those without detectable metastases were 94.6% and 95.8%, respectively. (N Engl J Med 2011;364:412-21.)

しかし、5年生存率というおおぐくりでみる限りでは、差はわずか1.2%にとどまりました。

CONCLUSIONS

Occult metastases were an independent prognostic variable in patients with sentinel nodes that were negative on initial examination; however, the magnitude of the difference in outcome at 5 years was small (1.2 percentage points). (N Engl J Med 2011;364:412-21.)

RESULTSのデータを文章化したものです。

These data do not indicate a clinical benefit of additional evaluation, including immunohistochemical analysis, of initially negative sentinel nodes in patients with breast cancer. (N Engl J Med 2011;364:412-21.)

そしてこれが、今回の前向き研究で得られた結論です。

いかがでしたか?研究デザインによって得られる結果が異なってくるという好例でしたね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:11:49 | Trackback(0) | Comments(0)
こうして積み上げていく: N Engl J Med 2011;364(5):401-11.
STD対策はパートナー共々、両サイドから手を付けないといけないのにな、と思っていたら、やはり、その方向で研究は進んでいました。

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Efficacy of Quadrivalent HPV Vaccine against HPV Infection and Disease in Males (N Engl J Med 2011;364:401-11.)

今回は「ハテナ起点」は明示されていません。

まずは、Stat-Readingいってみましょう。

研究デザイン


We enrolled 4065 healthy boys and men 16 to 26 years of age, from 18 countries in a randomized, placebo-controlled, double-blind trial. (N Engl J Med 2011;364:401-11.)

ランダム化プラセボ・コントロール二重盲検試験です。

一次エンドポイント


The primary efficacy objective was to show that the quadrivalent HPV vaccine reduced the incidence of external genital lesions related to HPV-6, 11, 16, or 18. (N Engl J Med 2011;364:401-11.)

エンドポイントという語は使われていませんが、これが主目的であると判断できます。

一次エンドポイント結果数値


In the intention-to-treat population, 36 external genital lesions were seen in the vaccine group as compared with 89 in the placebo group, for an observed efficacy of 60.2% (95% confidence interval [CI], 40.8 to 73.8); the efficacy was 65.5% (95% CI, 45.8 to 78.6) for lesions related to HPV-6, 11, 16, or 18. (N Engl J Med 2011;364:401-11.)

結論


Quadrivalent HPV vaccine prevents infection with HPV-6, 11, 16, and 18 and the development of related external genital lesions in males 16 to 26 years of age. (N Engl J Med 2011;364:401-11.)

数値が文章化されています。

次に、アブストラクトを順に読んでいきましょう。

BACKGROUND

Infection with human papillomavirus (HPV) and diseases caused by HPV are common in boys and men. (N Engl J Med 2011;364:401-11.)

ちょっとしたことなんですが、下線部、ちゃんと分けて併記するんですね。

METHODS

Efficacy analyses were conducted in a per-protocol population, in which subjects received all three vaccinations and were negative for relevant HPV types at enrollment, and in an intention-to-treat population, in which subjects received vaccine or placebo, regardless of baseline HPV status.seases caused by HPV are common in boys and men. (N Engl J Med 2011;364:401-11.)

per-protocol解析とintention-to-treat解析については、『臨床医による臨床医のための本当はやさしい臨床統計―一流論文に使われる統計手法はこれだ!』 (EBMライブラリー)(中山書店、野村英樹・松倉知晴著)にいい説明が載っています。

per-protocol解析
「実際にAという治療を受けた群と、Bという治療を受けた群」を比較
intention-to-treat解析
「Aという治療法を受ける(行う)意図をもった群と、Bという治療法を受ける(行う)意図をもった群」を比較

(同書より引用・一部改変)

RESULTS

In the intention-to-treat population, 36 external genital lesions were seen in the vaccine group as compared with 89 in the placebo group, for an observed efficacy of 60.2% (95% confidence interval [CI], 40.8 to 73.8); the efficacy was 65.5% (95% CI, 45.8 to 78.6) for lesions related to HPV-6, 11, 16, or 18. (N Engl J Med 2011;364:401-11.)

まず、ITT解析を示しています。次に続く文でPP解析を説明しています。

CONCLUSIONS

Quadrivalent HPV vaccine prevents infection with HPV-6, 11, 16, and 18 and the development of related external genital lesions in males 16 to 26 years of age. (N Engl J Med 2011;364:401-11.)

ここではmalesになっていますね。boysとmenの境目はやはり20歳なのでしょうか?

いかがでしたか?この4価ワクチンの評価が決まる頃には、男女問わず接種できるようになるといいと思います。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
NEJM Podcasting: Jan. 27, 2011
1月27日号のNEJMオーディオサマリーを聞いてみましょう。
全部通しで聞くと20分あまりですが、冒頭のヘッドラインだけなら1分前後です。
ヘッドラインについては、スクリプトもサイトに掲載されています。
気軽にチャレンジしてみましょう。

オーディオサマリーはNEJMのサイトからや、iTunes Storeから入手できます。

では、早速、スクリプトをチェックしながら聞いてみます。
いつものように、スクリプトと異なって読まれている部分は赤字で示します。

Welcome to the New England Journal of Medicine Audio Summary for the week This summary covers the issue of January 27, 2011. I'm Dr Michael Bierrer. This week's issue features Featured are articles on the prevention of catheter malfunction with rt-PA, cardiac arrest in public vs. at home, peginterferon plus adefovir vs. either alone for hepatitis delta virus, induced first-trimester abortion and mental disorder, and a measure of the red cell; review articles on the genome and cancer and on chronic thromboembolic pulmonary hypertension; a case report of a woman with a mass in the liver; and Perspective articles on the importance of the individual mandate, on health care reform in the courthouse, and on public health in Haiti.

今週はほぼスクリプト通りでした。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 07:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
ずばっと書き出す: N Engl J Med 2011;364(4):332-9.
手紙にしろ論文にしろ、なんとなく「前置き」の話から入りがちですが、文字数制限のあるアブストラクトでは、ずばっと本論から始めます。

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Induced First-Trimester Abortion and Risk of Mental Disorder (N Engl J Med 2011;364:332-9.)

今回の「ハテナ表現」はこちら。

Concern has been expressed about potential harm to women's mental health in association with having an induced abortion, but it remains unclear whether induced abortion is associated with an increased risk of subsequent psychiatric problems. (N Engl J Med 2011;364:332-9.)

定番の"remains unclear"ですね。

では、アブストラクトを読んでいきましょう。

BACKGROUND

Concern has been expressed about potential harm to women's mental health in association with having an induced abortion, but it remains unclear whether induced abortion is associated with an increased risk of subsequent psychiatric problems. (N Engl J Med 2011;364:332-9.)

単刀直入ですが、読者をぐっとたぐり寄せますね。まねしたいです。

METHODS

We conducted a population-based cohort study that involved linking information from the Danish Civil Registration system to the Danish Psychiatric Central Register and the Danish National Register of Patients. (N Engl J Med 2011;364:332-9.)

コホート研究です。

The information consisted of data for girls and women with no record of mental disorders during the 1995–2007 period who had a first-trimester induced abortion or a first childbirth during that period. (N Engl J Med 2011;364:332-9.)

第一期中絶群と初産群での検討です。これは、「前向きコホート研究」と考えていいのでしょうか?

RESULTS

The relative risk of a psychiatric contact did not differ significantly after abortion as compared with before abortion (P=0.19) but did increase after childbirth as compared with before childbirth (P<0.001). (N Engl J Med 2011;364:332-9.)

それぞれの群について、イベント前後の相対リスクを出しています。これによると出産による相対リスクの上昇がみられたようです。

CONCLUSIONS

The finding that the incidence rate of psychiatric contact was similar before and after a first-trimester abortion does not support the hypothesis that there is an increased risk of mental disorders after a first-trimester induced abortion. (N Engl J Med 2011;364:332-9.)

オーソドックスながら使い道の多い文型ですね。チェック!

いかがでしたか?地道な検討ですが、出産(中絶含む)に関するメンタル障害の解明につながるものだと思います。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。