■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
対語に注意して読む: N Engl J Med 2011;364(4):313-21.
多くの論文では、なにかとなにかを比較して論を進めています。その比べているふたつをしっかりとつかんで読むと、展開の見通しがつくようになります。

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Ventricular Tachyarrhythmias after Cardiac Arrest in Public versus at Home (N Engl J Med 2011;364:313-21.)

タイトルでもわかるように、ここでは"in public"と"at home"の比較です。

今回の「ハテナ起点」のにおいはこのあたりに、漂います。

The incidence of ventricular fibrillation or pulseless ventricular tachycardia as the first recorded rhythm after out-of-hospital cardiac arrest has unexpectedly declined. (N Engl J Med 2011;364:313-21.)

ではまず、Stat-Readingいきましょう。

研究デザイン


... we conducted a prospective cohort study ... (N Engl J Med 2011;364:313-21.)

前向きコホート研究です。

一次エンドポイント


明確に「一次エンドポイント」とは規定されていませんが、評価項目の記述はあります。

We assessed the frequencies of ventricular fibrillation or pulseless ventricular tachycardia and of survival to hospital discharge for arrests at home as compared with arrests in public. (N Engl J Med 2011;364:313-21.)

一次エンドポイントの数値結果

For cardiac arrests at home, the incidence of ventricular fibrillation or pulseless ventricular tachycardia was 25% when the arrest was witnessed by emergency-medical-services (EMS) personnel, 35% when it was witnessed by a bystander, and 36% when a bystander applied an AED. For cardiac arrests in public, the corresponding rates were 38%, 60%, and 79%. (N Engl J Med 2011;364:313-21.)

もうひとつは、

The rate of survival to hospital discharge was 34% for arrests in public settings with AEDs applied by bystanders versus 12% for arrests at home (adjusted odds ratio, 2.49; 95% CI, 1.03 to 5.99; P=0.04). (N Engl J Med 2011;364:313-21.)

結論


Regardless of whether out-of-hospital cardiac arrests are witnessed by EMS personnel or bystanders and whether AEDs are applied by bystanders, the proportion of arrests with initial ventricular fibrillation or pulseless ventricular tachycardia is much greater in public settings than at home. (N Engl J Med 2011;364:313-21.)

次に、アブストラクトを読んでいきます。

BACKGROUND

The success of bystander-deployed automated external defibrillators (AEDs) in public settings suggests that this may be the more common initial rhythm when out-of-hospital cardiac arrest occurs in public. (N Engl J Med 2011;364:313-21.)

bystander-deployed 居合わせた人向けに設置された

METHODS

We assessed the frequencies of ventricular fibrillation or pulseless ventricular tachycardia and of survival to hospital discharge for arrests at home as compared with arrests in public. (N Engl J Med 2011;364:313-21.)

対比するふたつを"as compared with"を使って明確に記述しています。

RESULTS

For cardiac arrests at home, the incidence of ventricular fibrillation or pulseless ventricular tachycardia was 25% when the arrest was witnessed by emergency-medical-services (EMS) personnel, 35% when it was witnessed by a bystander, and 36% when a bystander applied an AED. (N Engl J Med 2011;364:313-21.)

witnessed 目撃する

"数字 when ... "という言い回しもどこかで使えそうですね。

For cardiac arrests in public, the corresponding rates were 38%, 60%, and 79%. (N Engl J Med 2011;364:313-21.)

これもうまい表現です。くどい繰り返しを避けるのに有効です。

The adjusted odds ratio for initial ventricular fibrillation or pulseless ventricular tachycardia in public versus at home was 2.28 (95% confidence interval [CI], 1.96 to 2.66; P<0.001) for bystander-witnessed arrests and 4.48 (95% CI, 2.23 to 8.97; P<0.001) for arrests in which bystanders applied AEDs. (N Engl J Med 2011;364:313-21.)

オッズ比で見る限り、かなり頻度差がありますね。

CONCLUSIONS

The incremental value of resuscitation strategies, such as the ready availability of an AED, may be related to the place where the arrest occurs. (N Engl J Med 2011;364:313-21.)

incremental 付加的な

結果から得られた展望を述べています。

いかがでしたか?これは全文無料閲覧できますので、是非、NEJMのサイトで読んでみてくださいね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。